thumbnail こんにちは,

「マリオは正しいステップを踏む」

ヴォルフスブルクに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの代理人は、選手が今夏バイエルン・ミュンヘンに移籍することに好感触を抱いているようだ。

クロアチア代表FWはEURO2012で、3ゴールを挙げた。その活躍に、バイエルンが獲得に動いているとうわさされている。

マンジュキッチの代理人を務めるイバン・ツベトコビッチ氏は、『Sport1』に対して次のように話している。

「我々は、この移籍市場での働きに大きく満足している。ここまで、すべては順調だ。ヴォルフスブルクでの2年を経て、マリオは正しいステップを踏むことになるだろう」

ドイツの報道では、バイエルンが移籍金1300万ユーロ前後を支払い、マンジュキッチ獲得でヴォルフスブルクと合意に至ると伝えられている。バイエルンは、同選手と4年契約を結ぶと見られている。

マンジュキッチは2011-2012シーズン、32試合に出場して12得点10アシストを記録していた。

関連