thumbnail こんにちは,

「プレーしたいし、楽しみたい」

EURO2012のグループステージで、ヨアヒム・レーブ監督から出場機会を与えられなかったドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ。同選手は、決勝トーナメントでEURO2012のピッチに立つことを熱望している様子だ。

負傷の影響で長期離脱を強いられていたゲッツェだが、状態は万全だとアピールしている。

ドイツ『DFB.de』にゲッツェは、「完全にフィットしている。今本当に求めているのは、出場時間だ。プレーしたいし、楽しみたい」と出番を求めている。

「このようなトーナメントでは特にそうだね。多くの人が僕はまだ若いと言って多くの時間があると言うけど、ベンチに座って満足する選手なんていない」

ただゲッツェは、出番を与えられないながらも、多くのことを学んでいると主張した。

「本当に激しいし、興奮するよ。僕にとっては、これだけ長くチームと一緒にいられることが素晴らしいことだね。すべてのことが最高レベルだよ。ホテル、トレーニング場、食事。ただサッカーはサッカーだ」

「今は学んでいるところだけど、何より大事なことは僕たちが3勝したことだ。チーム全員が、一つの目標に向かっている」

ゲッツェはそして、準々決勝で対戦するギリシャを侮ってはいけないと続けた。

「難しい試合になるよ。彼らのディフェンスは組織されている。ロシア戦でサプライズを起こしたしね。でもグループステージでの3勝は、チームに多くの自信をもたらしてくれた」

ドイツは、22日にギリシャと対戦する。

関連