thumbnail こんにちは,

バイエルンに警告

ドルトムントのユルゲン・クロップ監督はバイエルン・ミュンヘンに対して、FWロベルト・レヴァンドフスキは今夏の移籍市場でもどこにも行かないと話した。

最近の多くの報道では、バイエルンがこのポーランド代表FWに興味を持っていると伝えられている。だがクロップ監督は、彼を売りになど出していないと話した。

「彼は出せない。彼らは、我々が誰だと思っているんだ? バイエルンが本気で考えるなら、彼にマリオ・ゴメスが何らかの理由でプレーできないときにはうちでプレーできるかと聞いてみたらいい」

「そんなことは非常にナンセンスで、頭の外に追いやっていいことだ」

レヴァンドフスキは2010年夏にレフ・ポズナンからドルトムントへ加入した。今季はここまでブンデスリーガ32試合に出場し、20得点している。

関連