thumbnail こんにちは,
ライブ

明治安田生命J1リーグ

  • 2012年10月20日
  • • 13:00
  • • ユアテックスタジアム仙台, Sendai
  • 主審: Y. Yamamoto
  • • 観客: 17711
3
終了
2

J1第29節:エースが発揮した決定力。大一番制した仙台が勝ち点で広島に並ぶ

J1第29節:エースが発揮した決定力。大一番制した仙台が勝ち点で広島に並ぶ

Getty Images

浦和は優勝争いから一歩後退


首位広島を勝ち点差3で追う2位仙台と、仙台を勝ち点差3で追う3位浦和との直接対決は仙台が3-2で接戦を制した。仙台はこの日敗れた首位広島と勝ち点54で並んだ。浦和は仙台との勝ち点差が6に開き、優勝争いから大きく後退した。

試合を通してポゼッションで上回ったのは浦和だった。浦和・ペトロヴィッチ監督は「ゲーム内容で我々は上回ったと思う。負けはしたが正しい方向に向かっている」と語っていた通り、特に後半はパス回しで相手を動かしてチャンスをつくれていて、仙台・手倉森監督も「1-0のリードを守ろうとするあまり前半から揺さぶられる状況が続いた。体力的にしんどい思いをさせられたのは我々だった」と反省の弁を述べていた。

しかし、試合展開は常に仙台がリードを奪う展開となった。常に先手を取り、ポゼッションが取れなくてもチーム全体で我慢をしながらカウンター攻撃の機会を狙ってい仙台に対し、ポゼッションで優位に立ったにもかかわらず勝負どころでミスが出た浦和は自ら状況を苦しくしてしまった。

まずは試合の入りで仙台と浦和に差が出た。漫然と入った浦和を攻め立てたのは仙台。2分、太田がドリブル突破を仕掛け、槙野ら相手DFを引き付けると、太田は右サイドに開いていたウイルソンにパス。ウイルソンはフリーでクロスをファーサイドに入れた。ここで赤嶺が得意とする相手DF坪井の視界から消える動きを見せ、フリーでヘディングシュート。これが決まって仙台があっさりと先制した。

その後は徐々に浦和がボールを回し、前掛かりになる場面が増えたが、仙台は最終ラインからFWまでをコンパクトに保ち、浦和にシュートまでは打たせなかった。また浦和は仙台の球際での激しいディフェンスや、レフェリーの判定にいらだつ場面も多かった。ボールを持っている時間は長いもののなかなか得点を奪えない重苦しい展開の浦和に対し、早めにリードを奪い、ある程度浦和にボールを持たせながら、機を見てカウンター攻撃を狙う戦いを選択した仙台としてはある意味理想の展開で1-0で前半を終えた。

後半も似たような展開が続き、迎えた62分。赤嶺が左サイドで浦和・坪井からボールを奪い取り、中央のリャン・ヨンギへとパス。前掛かりとなっていた浦和はリャンに永田が1対1で対応したが、リャンは永田を引き付けて左サイドでフリーになったウイルソンへとパス。GKと1対1になったウイルソンは一度ファーサイドを見た後ニアサイドへシュート。ファーサイドに重心がかかっていた浦和GK加藤は対応できなかった。ウイルソンの巧みな駆け引きで2-0と仙台がリードを広げた。

浦和は直後の64分、阿部からマルシオ・リシャルデス、そして最前線まで上がってきた槙野へとパスがつながり槙野のシュートで2-1と1点差に詰め寄った。2点差となったことで安堵感があったのか仙台は隙を見せてしまった。さらに前半から浦和のポゼッションによりだいぶ動かされて疲弊も来ていた。この後は浦和の猛攻を仙台が自陣でしのぐ形となっていった。

仙台としては徐々に苦しい展開に追い込まれていったが、この状況を打ち破ったのはまたも頼れるエースストライカーだった。77分、仙台は赤嶺に代えて前節G大阪戦で決勝点を挙げた長身FW中原を投入。直後の79分、仙台右サイドバック田村が前線にロングボールを放った。ロングボールを中原が浦和・阿部との競り合いに勝ってすらして、ボールはウイルソンの下へ。ウイルソンはマークに付いていた浦和・平川をかわしてまたもGKと1対1に。ウイルソンはここでも落ち着いてゴール右隅に左足でシュートを決めて3-1と再び浦和を突き放した。

粘る浦和は82分柏木のコーナーキックからマルシオ・リシャルデスがフリーになって右足でシュートを決めて3-2と1点差に詰め寄り、さらに攻勢を強めた。85分にはマルシオ・リシャルデスがゴール前でフリーでシュートを放ったが、これは仙台GK林が左手で防ぎ事なきを得た。仙台は体を張った守りを見せ、浦和の猛攻をしのぎきり、3-2で接戦をものにした。

浦和は最初に挙げたペトロヴィッチ監督のコメント通り、荒れたピッチ状態にもかかわらず、ポゼッションによる素晴らしい攻撃ができていただけに守備陣のミスがもったいなかった。開始早々の失点でマークがゆるくなった部分と、カウンター攻撃へのリスクマネジメントの部分に課題が出た。また、ここまで先発起用してきた原口に代えてポポを1トップで起用したが、仙台の激しい守備とレフェリーの判定にいらだち、不発に終わった。途中出場で起用した原口もシュートゼロ。FWが3得点を叩き出した仙台に対し、FWがゴールを決めきれなかったのも大きかった。広島、仙台との勝ち点差は6となり、優勝が苦しくなっただけでなく、4位柏にも勝ち点3差に迫られ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得圏内である3位以上を守る意味でも痛い敗戦だった。

一方、仙台の手倉森監督は試合2日前の練習後、「広島より先に試合をやれるのは今節が最後。勝てば広島と勝ち点で並べる時間がある。19時からの広島の試合に相当大きなプレッシャーをかけられる」とコメントしていたが、無事勝利を挙げ、広島にプレッシャーをかけ、広島は夜のゲームで柏に敗れ、ついに勝ち点54で並んだ。ここまでは手倉森監督の目論見通りだ。

ただ、今日の仙台は浦和にかなりポゼッションをされてしまい、疲弊から2失点を許したのは反省点。太田は「槙野選手がどんどん上がってきていたので数的不利をつくられた。もうちょっとうまく守れた」、富田も「前半の残り10~15分くらいから中盤が少し空いて自分たちから苦しい場面をつくった。もう少し自分のポジションから前の選手に伝えて、高いポジションを取れれば良かった。後半自分たちがボールを持つ時間ができなくて、引き過ぎていたと個人的に思うし、点を取ったからといって自分たちのスタイルを崩さずに、もう少し高いラインを取れていればああいう失点(1失点目)もなかった」と皆、反省を忘れなかった。手倉森監督は「良い守備から良い攻撃を意識したが、良い守備と言った分、前半2分の得点でより守備意識が高まってしまった」と分析している。リードを奪った後のゲームコントロールという意味では課題も残った。

加えて痛いのはボランチ角田の2試合出場停止。35分の警告により、次節磐田戦、その次のC大阪戦は出場できなくなった。また、上本も試合途中からハムストリングをかばいながらプレーしていたとのことで、次節出場できない可能性もある。手倉森監督は「(主力選手の欠場を)カバーしてチームの総合力を示すという思いが、団結力のあるこのチームに根づいている。これからもそうして見せるとすかさず思ってくれている選手もたくさんいる。それを示してこそ本当の優勝できるチームだと思う」と語り、代わりに出場する選手の奮起に期待をかけていた。いよいよ広島と勝ち点で並んだが、ここからが正念場だ。

とはいえ「ゲームを通して先手先手を取れたことが勝ち点3に繋がった」と手倉森監督が語った通り、常に先手を取れて、リードをずっと守れたことは自信にして良いだろう。「今日はホームで良かった。強豪のレッズをねじ伏せたのはサポーターの力なくしてはあり得ない。残り5戦もサポーターと一緒に戦っていきたい」と語った手倉森監督。仙台サポーターの大声援が苦しい状況でも選手を後押ししたのは言うまでもない。残り5試合、仙台は熱烈なサポーターとともに優勝を目指す。


文/小林健志
1976年静岡県静岡市清水区生まれ。大学進学で宮城県仙台市に引っ越したのがきっかけでベガルタ仙台と出会い、2006年よりフ リーライターとして活動。各種媒体でベガルタ仙台についての情報発信をしている他、育成年代の取材も精力的に行っている。ツイッターアカウントは @cobatake

関連