thumbnail こんにちは,
ライブ

UEFAチャンピオンズリーグ

  • 2012年2月22日
  • • 2:00
  • • オリンピスキ・スタディオン・ルジニキ, Moskva
  • 主審: B. カイパース
  • • 観客: 70000
1
終了
1

CSKA対マドリーは1-1ドロー、本田は後半途中から出場

CSKA対マドリーは1-1ドロー、本田は後半途中から出場

Getty Images

マドリー、極寒のモスクワでアウェーゴールをもぎ取る

21日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、CSKAモスクワ対レアル・マドリーは1-1のドローで終了した。CSKAの本田圭佑は、後半途中から出場を果たしている。

モスクワでの試合の通算成績が1勝2分け4敗と、これまでも極寒と人口芝というコンディションに苦しんできたマドリー。試合前に報じられたトリボテ(3ボランチ)ではなく、普段の4-2-3-1、さらに右サイドにカジェホンを置く布陣でこの一戦に臨んだ。一方、本田をベンチに置いたCSKAは、カウンター狙いの布陣で欧州のビッグチームを迎え撃った。

マドリーは立ち上がりからCSKAの激しいプレスを受け、7分にシェンニコフにこの試合初のシュートを許すなど苦戦。15分にはベンゼマが負傷し、モウリーニョ監督は代わりにイグアインを投入する。初の決定機を迎えたのは17分。素早い連係からイグアイン、ケディラと立て続けにシュートを放ったが、どちらもGKセプクゴフスに阻まれた。

決定機を迎えても、なお勢いに乗れないマドリーだったが、28分にクリスティアーノ・ロナウドが停滞する状況を打破。エリア内右に侵入したCR7は、トシッチがクリアし損ねたコエントランのクロスを、左足のダイレクトシュートで豪快にネットに突き刺した。一方、アウェーゴールを奪われたCSKAは反撃に出るも、マドリーの堅守をこじ開けられずに前半を終える。

後半、前に出てきたCSKAを相手にショートカウンターで応戦するマドリーは、49分にカジェホンがチャンスを迎えるものの決め切れない。対するスルツキ監督は、68分に本田をアルドニンに代えてピッチに立たせた。ボランチの位置に入った本田は、70分に得意のフリーキックからゴールを狙ったが、これはGKカシージャスの正面に飛んだ。

一方のモウリーニョ監督は、75分にカジェホンをカカーに代えてカウンターの鋭利さを研ぐ。直後にコーナーキックからセルヒオ・ラモス、最終ラインを突破したC・ロナウドと決定機を迎えるも、セプクゴフスの好守に遭った。対して1点差を維持するCSKAは80分、本田が今度は右サイドのフリーキックで枠を狙うが、カシージャスのパンチングに阻まれた。

マドリーは84分、C・ロナウドがエリア手前からシュートを放つも、わずかに枠の左に外れた。この決定機を逸した直後、モウリーニョ監督はエジルをアルビオルに代え、本田が攻撃のリズムを刻むCSKAを抑えにかかる。だが93分、ジャゴエフのフリーキックからエリア内が混戦となり、最後はバーンブルームが押し込んで同点に。劇的な形で終了を迎えた。

関連