thumbnail こんにちは,
ライブ

ラ リーガ

  • 2012年3月5日
  • • 5:30
  • • サンティアゴ・ベルナベウ, Madrid
  • 主審: Jose Antonio Teixeira Vitienes
  • • 観客: 78000
5
終了
0

マドリー、エスパニョールに5発大勝

マドリー、エスパニョールに5発大勝

Getty

CR7はリーガ得点記録を30の大台に乗せる

4日のリーガエスパニョーラ第26節、レアル・マドリーは本拠地サンチャゴ・ベルナベウでのエスパニョール戦に5-0と大勝した。10連勝のマドリーは、前日にスポルティング・ヒホンを破ったバルセロナとの勝ち点10差をキープ。5試合勝ち星なしのエスパニョールは11位に順位を落としている。

立ち上がりからボールを保持して攻め込んだマドリーだったが、エスパニョールの最終ラインを突破できずに苦戦する。しかし20分、エジルがラウール・ドロリゲスのパスをカットして好機を得ると、エリア内に走り込んだクリスティアーノ・ロナウドが、自身のリーガ得点数を30の大台に乗せるゴールを決めた。

先制したマドリーは徐々に勢いに乗り始め、38分に追加点を獲得する。右サイドのアルベロアを起点とするパスワークから、最終ラインを抜け出したケディラがネットを揺らした。マドリーはその後も、45分にC・ロナウドのクロスからイグアインが決定機を迎えるなど、エスパニョールを押し込んで前半を終える。

後半に入ってもマドリーの勢いは衰えず。47分にカカーのパスから、イグアインが第18節グラナダ戦以来となるゴールを記録し、66分には今度はイグアインのお膳立てで、カカーがゴールをマークした。4点のリードを手にしたモウリーニョ監督だが、エジルを下げてカジェホンを投入するなど、攻撃的な姿勢を貫く。

攻勢を維持するマドリーは78分に、再びカカーのアシストから、イグアインがこの試合2ゴール目を記録。モウリーニョ監督は81分、リーガ150試合目の出場で活躍を見せたイグアインに喝采を浴びせるため、モラタと交代させた。歓喜に沸くベルナベウで、マドリーはワンマンショーを披露し続けて終了を迎えている。

なお、リーガ得点数を30の大台に乗せたC・ロナウドだが、これはリーガ史上2番目に早い記録となる。1950-51シーズン(全30節)には、元アスレチック・ビルバオFWの故サラ氏が第25節で30ゴールに到達した。また、昨季にリーガの最多得点記録を41ゴールに更新したC・ロナウドだが、30ゴールを記録したのは第32節のことだった。

関連