thumbnail こんにちは,
ライブ

ブンデスリーガ

  • 2012年3月11日
  • • 2:30
  • • WWKアレーナ, Augsburg
  • 主審: K. Kircher
  • • 観客: 30660
0
終了
0

日本人対決、ドルトムントはアウクスブルクと0-0

香川途中交代、細貝フル出場

ブンデスリーガ第25節のアウクスブルク対ドルトムントは、0-0の引き分けに終わった。この試合は日本代表同士の激突ともなり、香川真司と細貝萌はともに先発出場した。

立ち上がりは13分には右クロスから枠内にヘディングシュートを放つなど、ホームのアウクスブルクが首位チーム相手に気概を見せる。だが、決定的な形は少なく、ドルトムントも調子を取り戻していく。

40分にはドルトムントがチャンスを迎える。FKからボックス内でつなぐが、ゴールぎりぎりでクリアに遭う。

後半に入り、両者とも今一度相手ゴールに迫る姿勢を示すが、ゴールを奪うには至らない。60分には、右クロスからレヴァンドフスキが頭でゴール右隅を狙うが、これはGKの好守に防がれた。

ドルトムントは64分、香川を含む2人を同時交代させて打開を図る。だが単調な攻めは変わらず、86分には最後のカードとしてギュンドアンを投入。それも決定打とはならず、両チーム無得点で引き分けに終わった。残留を争うアウクスブルクには貴重な勝ち点1となった。

ドルトムントを追うバイエルン・ミュンヘンは、ホッフェンハイムに7-1と大勝した。M・ゴメスがハットトリック、ロッベンがPKを含む2点を決めている。ドルトムントとの勝ち点差は5に縮まっている。

3位のボルシア・メンヒェングラッドバッハは、17位のフライブルクと0-0で引き分けた。大津祐樹はメンバー入りしなかった。ヴォルフスブルクでは長谷部誠がゴールに絡み、3-2の勝利にフル出場で貢献した。

関連