thumbnail こんにちは,
ライブ

セリエA

  • 2011年3月20日
  • • 23:00
  • • ジュゼッペ・メアッツァ, Milano
  • 主審: D. Orsato
  • • 観客: 52000
1
終了
0

インテル、勝ち点2差としてミラノダービーへ

インテル、勝ち点2差としてミラノダービーへ

Getty Images

ホームでレッチェに勝利、ユーヴェも5試合ぶり白星

20日、セリエA第30節がイタリア各地で行われた。

2位インテルはホームで18位レッチェと対戦し、1-0で勝利を収めた。首位ミランが前日の試合で敗れたため、是が非でも勝利が欲しかったインテルだが、前半はレッチェ守備陣の前に大きなチャンスをつくることができない。

だが、後半立ち上がりの51分、インテルは絶好機を迎える。スナイデルのクロスからフリーのパッツィーニが頭で合わせたが、これはGKロザーティに阻まれた。それでも、パッツィーニはその直後の52分に先制に成功する。スナイデルからのパスをパンデフがはたくと、浮いたボールをパッツィーニが巧みにトラップし、シュートを流し込んだ。

結局、インテルはそのまま逃げ切りに成功。ミランとの勝ち点差を2に縮めて次節ダービーを迎える。ただし、この日の試合でイエローカードをもらったルシオが累積警告でダービーを欠場することとなった。なお、DF長友佑都はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

一方、8位ユヴェントスはホームで19位ブレッシァに2-1と勝利を収めた。開始直後にアクイラーニが惜しいシュートを放ったユーヴェは、24分にマトリの浮き球パスからクラシッチのボレーで先制する。だが42分、エデルのヘディングで同点とされて前半を終えた。

またもリードを守り切れない展開となったユーヴェだが、キャプテンのデル・ピエーロがチームを救う。68分、ドリブル突破で相手DFをかわすと、そのまま技ありのシュートで加点。その後は退場者を出したブレッシァに追い付かれることなく、5試合ぶりの白星で7位に浮上した。

好調の4位ウディネーゼはホームでカターニアを2-0と下している。22分、インレルのボレーで先制したウディネーゼは、74分にディ・ナターレのPKで加点。その後退場者を出したカターニアを抑えきって4連勝を飾った。カターニアFW森本貴幸は24分、負傷したスケロットに代わって出場したが、得点はなかった。

残留を争う直接対決となったサンプドリア対パルマの一戦は、1-0でアウェーのパルマが制している。パルマは65分、ザッカルドのヘッドで先制に成功。74分には疑惑の判定でPKを献上したが、マッカローネのシュートが枠をとらえずに救われると、そのまま逃げ切って貴重な白星を手にした。サンプはこれで4連敗。6試合勝ち星なしと不振が続いている。

そのほか、ボローニャ対ジェノアは1-1のドローで終了。キエーヴォはホームで最下位バーリを2-1と下している。

関連