thumbnail こんにちは,
ライブ

ラ リーガ

  • 2010年10月31日
  • • 3:00
  • • エスタディオ・ホセ・リコ・ペレス, Alicante
  • 主審: カルロス・クロス・ゴメス
  • • 観客: 29000
1
終了
3

モウ・マドリー、初の逆転勝利

モウ・マドリー、初の逆転勝利

CR7は2ゴール、得点王レースを独走

30日のリーガエスパニョーラ第9節、レアル・マドリーはアウェーでのエルクレス戦を3-1で制した。

マドリーは3分、トレゼゲにヘディングシュートを決められて今季初めて相手チームの先制を許した。その後ボールこそ保持するマドリーだったが、エルクレスの堅守を崩せず攻めあぐねる。

マドリーは23分にクリスティアーノ・ロナウド、イグアインが立て続けにシュートを放つが、これはGKカラタユドの好反応に阻まれた。トレゼゲにボールを集める形のエルクレスのカウンターにも手こずり、1点ビハインドを挽回できずに前半を終えた。

後半の立ち上がりも満足に攻撃を形作れないマドリーだったが、52分にC・ロナウドのミドルシュートをカラタユドが弾き、そのこぼれ球に反応したディ・マリアが押し込んで同点に追いついた。

スコアをタイとしたマドリーだが、守備にプライオリティーを置くエルクレスを前に停滞する時間が続く。これを受けたモウリーニョ監督は、76分にペペに代えてベンゼマを投入。攻撃に人数を割いて打開を図った。

そして82分、マドリーが逆転ゴールを獲得。エリア内左に侵入したマルセロの折り返しからベンゼマがシュートを放ち、カラタユドが弾いたボールをC・ロナウドが沈めた。

モウリーニョ監督は逆転した直後にエジル、イグアインをアルビオル、アルベロアに代えて攻守のバランスを整える。86分にはエリア内右に侵入したベンゼマのクロスからC・ロナウドが3ゴール目を決め、エルクレスにとどめを刺した。

モウリーニョ監督となって初の逆転勝利を飾ったマドリーは、勝ち点を23として今節も首位をキープした。なお、この試合で2ゴールを記録したC・ロナウドはリーガの得点数を12ゴールに伸ばし、得点王レースを独走している。

関連