thumbnail こんにちは,
ライブ

UEFAチャンピオンズリーグ

  • 2012年4月4日
  • • 3:45
  • • アリアンツ・アレーナ, München
  • 主審: S. Moen
  • • 観客: 66000
2
終了
0

合計4 - 0でバイエルン・ミュンヘンが勝利

バイエルンが2-0勝利、CL準決勝進出

バイエルンが2-0勝利、CL準決勝進出

Getty Images

マルセイユは無得点で敗退

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグのバイエルン・ミュンヘン対マルセイユは、バイエルンが2-0で勝利した。2戦合計4-0として、準決勝進出を決めている。

ファーストレグにアウェーで2点を奪っていたバイエルンは、M・ゴメスとロッベンをベンチスタートとさせる余裕を見せる。

最初に大きなチャンスをつくり出したのはマルセイユだったが、その直後にバイエルンが試合を動かす。13分、ボックス手前で受けたリベリが右へと攻め込みクロスを送る。これをニアサイドに入ったオリッチが突き刺し、リードを奪った。

マルセイユは17分にエムビアが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKノイアーに弾き出される。アウェーチームにとっては、リズムをつくり出せない時間が続く。

バイエルンは27分にこぼれ球を強烈なダイレクトシュートで叩いたティモシュク、リベリのアイディアからオリッチのエリア内からのシュートと、要所で相手を脅かす。

37分には、バイエルンの追加点が生まれた。自陣深くでボールを奪うと、リベリが周囲を見ながら持ち上がる。相手ボックス手前でスピードアップすると、併走していたアラバへパス。ダイレクトでの折り返しに、またもニアサイドへと入ったオリッチがゴールネットを揺らした。

マルセイユは後半開始から選手交代で流れを変えようとするが、状況に変化は生まれない。逆に53分にはリベリに攻め込まれ、ゴールを陥れられかける。

63分にはカボレを投入してさらに攻勢を強めようとするマルセイユだが、やはりチームが動かない。この流れのままに試合終了まで時間は過ぎ、バイエルンが準決勝へのチケットを手に入れた。

関連