thumbnail こんにちは,
ライブ

ラ リーガ

  • 2015年1月19日
  • • 3:00
  • • リアソール, A Coruña (La Coruña)
  • 主審: Juan Martínez Munuera
  • • 観客: 25173
0
終了
4

バルサ、メッシのハットトリックでデポルを一蹴 イニエスタが350試合出場達成

バルサ、メッシのハットトリックでデポルを一蹴 イニエスタが350試合出場達成

Getty Images

アウェーで4-0

18日に行われたリーガエスパニョーラ第19節、デポルティボ対バルセロナの一戦は、アウェーのバルセロナが4-0で勝利している。

バルセロナのルイス・エンリケ監督は、今季これまで公式戦28試合を戦い一度も同じスターティングメンバーを起用してこなかったが、29試合目にして初めて同じスタメンが名を連ねた。そのメンバーは、前節アトレティコ・マドリーに3-1と勝利した試合と同じ選手たちだった。また、この試合でイニエスタがリーガ通算350試合出場を達成している。

バルセロナは、2012年10月に1部で最後の対戦となった敵地リアソールのデポル戦でハットトリックを記録したメッシがこの試合でも躍動する。メッシは9分にラキティッチのCKに飛び込んでGKファブリシオを脅かすと、その直後に同様のコンビネーションから先制点を奪った。中盤からラキティッチがDFラインとGKの間にフィードしたボールに、2列目からそのスペースを狙ったメッシがヘディングで合わせてネットを揺らした。

バルセロナの直近13得点のうち6得点をマークしているメッシの勢いは止まらない。33分、左サイドのネイマールが中央にパスを送り、L・スアレスがコントロールし損ねたところにメッシが現れ、キャッチを試みたファブリシオの鼻先で先にボールに触りチップキックであざわらうかのようにシュートを沈めた。

こうなると、チームの80得点のうち47得点を記録している“トリデンテ(メッシ、ネイマール、L・スアレス)”それぞれのゴールに期待が懸かる。しかし、L・スアレスが23分にイニエスタの絶好のパスをゴール前で空振りしてしまうなど、メッシ以外はフィニッシュの精度を欠いた。

2点差をつけて後半に向かったバルセロナは、62分にメッシがハットトリックを達成。ショートコーナーからラキティッチのパスを受けたメッシは、ペナルティーエリアに侵入して右45度から左足を振り抜く。これがサイドネットに突き刺さり、リーガでの得点数を19(うちPK0本)に積み上げるゴールを奪った。

3点のリードを奪ったことで、L・エンリケ監督はブスケッツ、イニエスタ、ネイマールを下げてバルトラ、ラフィーニャ、ペドロを次々に投入する。すると82分、D・アウベスのクロスがOGを誘発してダメ押しの4点目が入った。

バルセロナは、メッシの今季4度目(アヤックス戦、セビージャ戦、エスパニョール戦)のハットトリックで快勝した。消化試合の1試合少ない首位レアル・マドリーとの勝ち点差を1としている。

関連