thumbnail こんにちは,
ライブ

プレミアリーグ

  • 2012年4月29日
  • • 21:30
  • • スタンフォード・ブリッジ, London
  • 主審: H. ウェブ
  • • 観客: 41675
6
終了
1

F・トーレス3発! チェルシーが大勝でダービー3連戦を締めくくる

F・トーレス3発! チェルシーが大勝でダービー3連戦を締めくくる

Getty Images

QPRに6-1

29日、プレミアリーグ第36節のチェルシー対QPRが行われ、チェルシーが6-1で勝利を収めた。チェルシーはこれで、4位ニューカッスルと勝ち点差を1ポイントに縮めている。

チャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を決めたチェルシーは、フラム、アーセナルに続くロンドンダービー3連戦目となるQPR戦で、これ以上ないスタートを切った。

開始45秒、スルーパスを相手にカットされたスタリッジが、跳ね返ったボールをコントロールし右足を振り抜く。これがゴール左に突き刺さり、開始1分で1-0とした。チェルシーはさらに13分に、マタのCKにテリーが合わせセットプレーからリードを2点に広げる。

完全に余裕のできたチェルシーは、見事な展開から3点目のゴールを奪う。F・トーレスがマタにボールを預け、そのままゴールに向かう。マタは右サイドのスタリッジに展開すると、スタリッジが絶妙のダイレクトスルーパスをF・トーレスへ。F・トーレスはファーストタッチでGKを交わし、あっさりとゴールを決めた。しかし3-0としてもチェルシーは、止まらなかった。相手守備陣のミスからF・トーレスにこの試合2点目のゴールが生まれ、開始25分で試合を決めた。

その後もカウンターでQPRゴールに迫ったチェルシーは、64分にマタのスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したF・トーレスが、冷静にゴール右隅に流し込みハットトリックを達成。80分にマルダがチーム6点目のゴールを決めた後、シセに1点を返されてしまったが、6-1の大勝で試合を終えた。

これでチェルシーは、ディ・マッテオ暫定監督体制となってからの公式戦16試合で11勝4分け1敗という結果を残している。チェルシーは次節、本拠地スタンフォード・ブリッジにCL出場権を争うニューカッスルを迎える。

関連