「21歳の私よりはるかに優れている」アンリ氏が認めるフランスの後輩とは?

ユナイテッドと代表で信頼を勝ち取れないでいる21歳のFWだが、フランスのレジェンドは同選手を手放しで称賛した。
広告

フランス代表やアーセナルなどで活躍したティエリ・アンリ氏は、マンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシャルにエールを送った。

マルシャルは2015年夏、10代の選手として最高額となる5800万ポンドでモナコからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、オールド・トラッフォードで3シーズ目を迎えている。

しかし、昨季から就任したジョゼ・モウリーニョ監督のもとでは信頼を勝ち取ることができず。今シーズンは、9試合に出場して5ゴールをマークするマルシャルだが、先発出場は4試合のみとなっている。さらに来年のワールドカップ出場を目指す同選手だが、ブルガリア戦とベラルーシ戦を控えるフランス代表のメンバーから外れている。

そんなマルシャルは、プレースタイルが似ていることから度々アンリ氏と比較されてきた。フランス代表の先輩は、21歳の時点ですでにワールドカップ優勝メンバーに名を連ね、アーセナルのクラブ歴代最多得点記録を保持するなど、屈指のストライカーとして名を馳せてきた。

アンリ氏は、メディアやファンから自身と比較され、批判にもさらされてきたフランス代表の後輩について「アントニー・マルシャルは21歳の私よりもはるかに優れた選手だ。マルシャルはワールドクラスの選手になれる可能性がある」と同選手のポテンシャルを称賛。当時の自分よりも優れた選手だと述べている。

21歳のマルシャルは、大先輩からのエールに奮起し、クラブでも代表でもポジションをつかんでアンリ氏のような歴史に名を残すストライカーになることができるだろうか。