thumbnail こんにちは,

「相手にサッカーをする気がないんじゃ・・・」

26日のCL準決勝ファーストレグでチェルシーの守備的戦術に手こずり、ゴールを奪うことができなかったバルセロナ。何度となくファウルを受けたMFイニエスタは、チェルシーの消極的な姿勢に苦言を呈したものの、来週のセカンドレグに向けて楽観さを失っていないと主張した。

 

試合後、イニエスタは『Cadena COPE』に対し、次のように話している。

 

「僕らは僕らのサッカーをしようとした。ずっと攻めて、ゴールを狙ったんだ。でも、相手チームにサッカーをする気がないんじゃ、難しくなってしまうものだよ」

 

「これで勝負はロンドンで決まることになる。僕らはゴールを決め、勝利を手にしたいという大きなモチベーションと共に敵地へ向かうよ。正義が認められ、僕らがファイナルに進出できることを願っている」

 

※CL決勝トーナメント表はコチラ

関連