マンチェスター・Uがバーゼルに3発快勝…ポグバ負傷のアクシデントも/CLグループA第1節
チャンピオンズリーグ、グループリーグ第1節マンチェスター・Uvsバーゼルはホームのマンチェスター・Uが順当に勝利を収めている。

■UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節
マンチェスター・ユナイテッド 3-0 バーゼル

得点者
マンチェスター・U:フェライニ(35分)、ルカク(53分)、ラッシュフォード(84分)

現地時間12日、UEFAチャンピオンズリーグ、グループリーグの第1節マンチェスター・Uvsバーゼルが行われた。

この試合では、ホームのマンチェスター・Uが高いボールポゼッションを記録してバーゼル守備陣を脅かす展開で試合は進むが、早々にジョゼ・モウリーニョ監督にとっては計算外の事態が起こってしまう。先発出場を果たしたポール・ポグバが負傷し、19分に途中交代を余儀なくされた。

スコアが動いたのは35分だった。アシュリー・ヤングからのクロスに頭でねじ込んだのは、ポグバとの交代でピッチに登場したマルアーヌ・フェライニ。スコアは1-0となり、前半が終了する。前半終了時点のボール支配率は69-31%、シュート本数は10-4本だった。

後半に入ってもホームのマンチェスター・U優勢の流れは変わらず、後半立ち上がりに追加点が決まる。53分、左サイドからダレイ・ブリントがクロスを入れると、ファーサイドで待ち構えていたロメル・ルカクが頭で合わせてスコアは2-0に。エヴァートン時代からチャンピオンズリーグでのプレーを熱望していたルカクにとっては、同大会グループリーグで初のゴールとなった(アンデルレヒト時代にはCLプレーオフでゴールを経験)。

バーゼルは交代策を見せて流れを引き寄せようとするが、地力に勝るマンチェスター・U相手になかなか反撃の糸口をつかむことができず。すると、84分には右サイドからのグラウンダーにマーカス・ラッシュフォードがダイレクトで合わせ、マンチェスター・Uが3点目のダメ押しゴールを決めた。

試合はこのまま終了し、マンチェスター・Uが初戦から白星スタートを切っている。

コメント ()