ブラジルを8強に導いたのはやはりネイマール!メキシコは「7度目の正直」ならず/W杯ベスト16

ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦が2日に行われ、ブラジルとメキシコが対戦した。

ブラジルはネイマールやフィリペ・コウチーニョが先発した一方で、グループステージ最終節で負傷したマルセロがスタメンから外れ、フィリペ・ルイスが今大会初スタメンを飾った。

対するメキシコは39歳のラファエル・マルケスが先発入り。また、ハビエル・エルナンデスが髪を金色に染め上げてこの大一番に臨んでいる。

立ち上がりからメキシコはハイプレッシャーをかけてブラジルに息つく間を与えない。素早いカウンターでゴールへと突き進み、初戦のドイツ戦を彷彿とさせる戦いぶりを見せる。

それでも耐えしのいだブラジルが、徐々にネイマールらの個人技で状況を打開し始め、シュートチャンスを作り出す。ただゴールは生まれず、前半はスコアレスで折り返す。

後半になっても同じ展開が続くが、スターが膠着状態に終止符を打つ。ネイマールが左サイドから切れ込んでウィリアンとスイッチ。ウィリアンは縦に運んでシュート性のクロスを送ると、再びネイマールが合わせ、ブラジルが待望の先制点を奪う。

その後はブラジルペースで進み、パウリーニョ、ウィリアンが至近距離から強烈なシュートを放つ。しかし、ギジェルモ・オチョアが驚異的な反応スピードを見せて外へとはじき出す。

ブラジルはボールをメキシコに持たせ、守備に重きを置きながら、時間を進めていく。すると88分にはカウンターからネイマールが抜け出し。キーパーが足に当てたが、ロベルト・フィルミーノが押し込んで決定的な追加点を挙げる。

ブラジルが2-0で勝利し、7大会連続でベスト8へと駒を進めた。一方、メキシコはこれで1994年大会から7大会連続でベスト16敗退。悲願とも言える準々決勝進出は、またも4年後に持ち越しとなった。

■試合結果
ブラジル 2-0 メキシコ
■得点者
ブラジル:ネイマール(51分)、フィルミーノ(88分)

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

コメント ()