マンチェスター・Uが敵地でスウォンジー相手に4発快勝…開幕2連勝を飾る/プレミアリーグ第2節
スウォンジーvsマンチェスター・Uの一戦は、アウェーながら決定力の高さを見せつけたマンチェスター・Uが4ゴールを決め、開幕から2連勝を飾っている。

■プレミアリーグ第2節
スウォンジー 0-4 マンチェスター・ユナイテッド

得点者
マンチェスター・U:バイリー(45分)、ルカク(80分)、ポグバ(82分)、マルシャル(84分)


開幕戦でウェスト・ハム相手に4-0で快勝したマンチェスター・Uは、第2節敵地でのスウォンジーとの一戦に臨んだ。

スウォンジーは攻撃の要だったアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンがエヴァートンに移籍決定。そのため、この試合では苦戦が予想されたが、組織的な守備を披露し、格上のマンチェスター・Uになかなか決定機を与えない展開が続く。

試合は前半終了間際にスコアが動いた。マンチェスター・UはCKのチャンスからポール・ポグバがヘディングで合わせ、バーに弾かれてバウンドしたところをエリック・バイリーが押し込んで、先制ゴールを記録した。

マンチェスター・Uの1点リードで試合はハーフタイムを迎える。

後半に入っても一進一退の攻防は続くものの、両チームともになかなかネットを揺らすことができず。74分にマンチェスター・Uは2枚替えを見せ、マルアーヌ・フェライニを投入し、セントラルMFのポール・ポグバを1列前にスライドさせる采配を見せた。

すると80分、後方からのフィードをロメル・ルカクが一度落とし、混戦の中からヘンリク・ムヒタリャンが再びルカクにラストパスを送る。ルカクが冷静に左足で押し込んで追加点を記録した。

その直後の82分にはマンチェスター・Uがセンターサークル付近でボールを奪うと、ショートカウンターを展開。最後は裏に抜け出したポグバがループシュートでネットを揺らし、3-0とした。

集中力の切れたスウォンジー相手にマンチェスター・Uは容赦せず、84分には再びカウンターからマルシャルがゴールを決めて、点差を4点に広げている。試合はこのまま90分が終了。

マンチェスター・Uは第1節のウェスト・ハム戦に続いて、2試合連続4-0で勝利する形になり、開幕2連勝を飾っている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

コメント ()