X・アロンソの移籍を後悔するジェラード「ベニテスは彼の残留に尽力すべきだった」

シェア閉じる コメント
元イングランド代表MFは、指揮官がバリーを代役として獲得しようとしたことに疑問を抱いていたようだ。

リヴァプールのレジェンド、スティーブン・ジェラード氏は、ラファエル・ベニテス監督がシャビ・アロンソを引き留めるために全てをすべきだったと語っている。

昨シーズン終了後に現役引退をしたアロンソ氏は、ジェラード氏とともにリヴァプールの中盤に君臨し、重要な役割を担っていた。しかし、2009年に同選手はレアル・マドリーに移籍。チームを指揮していたベニテス監督は、元スペイン代表MFの代役として当時アストン・ヴィラで活躍するガレス・バリーの獲得を狙っていたようだ。

ジェラード氏は、『BTスポーツ』に当時について「彼はシャビの移籍を容認し、ガレスを連れてこようとしていた。僕はガレス・バリーの大ファンだが、今考えると適切な移籍ではなかった」と振り返った。

続けて「彼はアロンソとうまく連携できると思うから、彼らは同じチームでプレーすれば良かった。シャビの代わりにガレスを獲得することはリヴァプールにとって最善のこととは思わない。サポーターから愛されたシャビはワールドクラスの選手だ。ラファは移籍を許容するのではなく、彼を引き留めるために尽力すべきだったと思う」と語っている。

最終的にリヴァプールはアルベルト・アクイラーニをアロンソの後釜として獲得。しかし、元イタリア代表MFのプレミアリーグ1年目は18試合の出場にとどまり、期待されていたほどの活躍はできなかった。一方、リヴァプール移籍の可能性があったバリーは、マンチェスター・シティに活躍の場を移し、その後エヴァートンに在籍。現在はウェスト・ブロムウィッチでプレーを続けている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
リーガ会長が考えるC・ロナウドのイタリア移籍の理由「多くのお金を稼ぐことになる」
次の記事:
ミラン、逆転で新シーズンのEL出場権獲得!1年間の出場停止処分が覆る
次の記事:
19歳クライファートJrがローマで意気込み「父の足跡をたどる。イタリアで成長を」
次の記事:
露クラブ、黒人選手との契約にサポーターが反発…6日後に契約破棄
次の記事:
プランデッリ氏、ナポリのアンチェロッティ招へいに感銘「天才的」C・ロナウド移籍も歓迎
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する