X・アロンソの移籍を後悔するジェラード「ベニテスは彼の残留に尽力すべきだった」

コメント
元イングランド代表MFは、指揮官がバリーを代役として獲得しようとしたことに疑問を抱いていたようだ。

リヴァプールのレジェンド、スティーブン・ジェラード氏は、ラファエル・ベニテス監督がシャビ・アロンソを引き留めるために全てをすべきだったと語っている。

昨シーズン終了後に現役引退をしたアロンソ氏は、ジェラード氏とともにリヴァプールの中盤に君臨し、重要な役割を担っていた。しかし、2009年に同選手はレアル・マドリーに移籍。チームを指揮していたベニテス監督は、元スペイン代表MFの代役として当時アストン・ヴィラで活躍するガレス・バリーの獲得を狙っていたようだ。

ジェラード氏は、『BTスポーツ』に当時について「彼はシャビの移籍を容認し、ガレスを連れてこようとしていた。僕はガレス・バリーの大ファンだが、今考えると適切な移籍ではなかった」と振り返った。

続けて「彼はアロンソとうまく連携できると思うから、彼らは同じチームでプレーすれば良かった。シャビの代わりにガレスを獲得することはリヴァプールにとって最善のこととは思わない。サポーターから愛されたシャビはワールドクラスの選手だ。ラファは移籍を許容するのではなく、彼を引き留めるために尽力すべきだったと思う」と語っている。

最終的にリヴァプールはアルベルト・アクイラーニをアロンソの後釜として獲得。しかし、元イタリア代表MFのプレミアリーグ1年目は18試合の出場にとどまり、期待されていたほどの活躍はできなかった。一方、リヴァプール移籍の可能性があったバリーは、マンチェスター・シティに活躍の場を移し、その後エヴァートンに在籍。現在はウェスト・ブロムウィッチでプレーを続けている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
【オイルマネーでCLを制するか~マン・C編~】マンチェスター・シティは優勝候補筆頭にあらず、都並敏史がプレミア王者の苦戦を予想
次の記事:
世界の頂点を狙うユヴェントス会長、ロナウド級の補強に再び意欲「次は25歳のCR7」
次の記事:
「ロジャー・フェデラーのように…」モウリーニョが人工芝での一戦を前に持論を展開
次の記事:
ネイマールを抑えての勝利にクロップがご満悦「彼が左でプレーすることを想定していた」
次の記事:
アーセナルのガジディスCEOが10月末の退任を発表…12月からミランを新天地に
閉じる