W杯で株を上げたクロアチア代表FW、フランクフルトに残留…2022年までの新契約を締結

シェア閉じる コメント
アルゼンチン戦で豪快ボレー弾を決めたレビッチ。フランクフルトからの移籍は当面封印へ。

元日本代表MF長谷部誠らが所属するフランクフルトは10日、クロアチア代表FWアンテ・レビッチとの契約を2022年まで延長したことを発表した。

レビッチは今後もフランクフルトでプレーすることが決定。クラブと2021年までの契約を残していたアタッカーは、1年延長の2022年までの契約にサインすることで合意。トッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、最近ではセビージャからの興味が報じられていた同選手は残留を決心した。

今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でファイナルまで勝ち上がったクロアチアだが、レビッチはグループステージ最終節のアイスランド戦を除く全6試合に先発出場。アルゼンチン戦でゴールを決めるなどで他クラブからの関心を引きつけ、各国のメディアでは今年のW杯で最も株を上げた選手の1人として注目を浴びていた。

だが、2016年にレンタルでフィオレンティーナから加わり、今夏に保有権が渡ったフランクフルトに留まることに。FWマリウス・ヴォルフ(→ボルシア・ドルトムント)やGKルーカス・フラデツキ(→レヴァークーゼン)、MFオマール・マスカレル(→シャルケ)、ケヴィン=プリンス・ボアテング(→サッスオーロ)と、主力選手の流出を強いられるクラブに朗報を届けた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ザッケローニ、C・ロナウドの苦戦を予想「リーガのようにはいかない」
次の記事:
バロテッリの新天地はやはりマルセイユに?両クラブが移籍合意へ向けて再び接触へ
次の記事:
久保裕也、ブンデスリーガ挑戦の可能性が急浮上!昇格組ニュルンベルクへの移籍が接近
次の記事:
ローマSD、今夏の補強に自信「言葉通りマウコムより強い世界王者を獲得した」
次の記事:
J3群馬がデュッセルドルフより金城ジャスティン俊樹を獲得…東京五輪世代の21歳MF
閉じる