R・サンチェス、プレミアデビューも…ファンからは「1回でもパスに成功したか?」

シェア閉じる コメント
20歳のポルトガル代表MFにファンは大きな期待を寄せていたが、同選手は期待に応えられずデビュー戦を終えた。

バイエルン・ミュンヘンからローンで加入したレナト・サンチェスがスウォンジー・シティでデビューを飾ったものの、サポーターから批判を浴びせられている。

10日に行われたプレミアリーグ第4節のニューカッスル戦にサンチェスは出場。多くのサポーターは将来が有望なポルトガル代表MFがスウォンジーに多くをもたらせていると期待していたが、味方のいないところにパスを出したりとデビュー戦で大きなインパクトを残せず、69分にウィルフリード・ボニーと交代した。試合は0-1でスウォンジーが敗れている。

試合後、サンチェスに大きな期待を寄せていたサポーターはツイッターで「1回でもパスに成功したか?」、「28分間に14回もボールを失った」と酷評。さらに「プレミアリーグに大きな衝撃を与えた」と皮肉った投稿や「なぜプレミアリーグのクラブがレナト・サンチェスの獲得に動かなかったか疑問に思っていたが、今明らかになった」などのコメントが相次いでいる。

スウォンジーは次節、アウェーでトッテナムと対戦するが、サンチェスは2度目のチャンスを与えられ、サポーターからの批判を覆すことはできるのだろうか。

次の記事:
武藤嘉紀、独2大メディアの評価は両チーム最高タイ…今季2点目は「素晴らしいソロ」
次の記事:
「考え方を変えた」岡崎慎司が明かすゴール量産の秘訣…地元紙が特集
次の記事:
クロップの憂鬱は続く…「うんざり」の敗戦でリヴァプールがリーグカップ敗退
次の記事:
酒井宏樹にあった名門クラブ加入の可能性…マルセイユを選んだ理由とは?
次の記事:
メキシコリーグ在籍選手の『FIFA18』での評価が判明…パチューカ本田圭佑の順位は?
閉じる