NZ代表「日本代表は南米のチームに通じるものが…」日本戦は大陸間PO前の仮想南米

シェア閉じる コメント
日本vsニュージーランドの6日の試合を前に、NZ代表監督や選手たちが、日本との一戦の意味合いがいかに大きいか言及している。

6日に愛知県の豊田スタジアムで、日本vsニュージーランドの親善試合が行われる。日本はすでにロシア・ワールドカップ出場を決めており、一方のニュージーランドはオセアニアでの出場枠0.5を勝ち抜き、大陸間プレーオフへの進出を決めている。

ニュージーランド代表のアンソニー・ハドソン監督は、日本代表との一戦を前に、同協会の公式メディアで「日本と友好的な形で、このような真剣勝負ができることは本当にうれしい」と語っている。

「日本は世界的に見てもトップチームであり、すでに来年のワールドカップ出場を決めている。プレーオフを前にして、力を試すことができる絶好の場になるだろう」

また、3年前の日本戦でA代表デビューを飾ったライアン・トーマスも、「日本は明らかに良いチームだよ。技術的にも優れているし、11月に対戦を控えている南米のチームと戦う前に、いい調整ができると思う」と述べている。

「日本はサッカー強国の一つで、日本でプレーすることを楽しみにいている。僕は日本との一戦で代表デビューしたし、素晴らしい雰囲気の中で試合ができたことはとても印象深い。(3年前は)負けちゃったけどね。世界のトップリーグでプレーしている選手たちを擁しているし、日本との対戦は我々にとって大きな経験になる」

その一方でDFサム・ブラザートンは「(大陸間プレーオフの)11月までにそれほど時間がない。そんな中、日本は本番を想定した相手として申し分ないと思う。彼らはボールを持ったら巧みに相手ゴールに迫るし、南米のチームに通じるテクニックも持っている。彼らをどう防ぐかか我々にとっていいチャレンジの機会になるはずだ」と発言。

ニュージーランド代表は11月に、大陸間プレーオフで南米予選5位チームと戦うことになる。現在、南米予選は大混戦となっており、2位ウルグアイ、3位コロンビア、4位ペルー、5位アルゼンチン、6位チリまでが勝ち点4差内にひしめいており、どのチームがニュージーランドとの大陸間プレーオフに回ってもおかしくない状況だ。ニュージーランド代表にとって、ロシア行きを懸けた大一戦を前に、日本代表は“仮想南米チーム”としていい指標になると見ているようだ。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
脅威の18歳ムバッペ、10代のCL歴代最多得点記録を樹立…通算得点数を「8」に伸ばす
次の記事:
メッシ、史上2人目の欧州カップ戦通算100ゴール達成…歴代最多はライバルクラブのあの選手
次の記事:
マンジュキッチがヘッドで決勝点、ユーヴェがスポルティングに逆転勝利/CLグループD第3節
次の記事:
“興奮の音声”からゴールを予測せよ!叫ばれたのはメッシのどのゴール?
次の記事:
マンチェスター・Uがラッシュフォードの長距離FK弾でグループリーグ3連勝/CLグループA第3節
閉じる