J・アルバはスペイン代表に招集されなかった謎…L・エンリケ新監督との間に問題?

コメント
スペイン代表新監督となったルイス・エンリケはかつての教え子であるジョルディ・アルバを招集しなかった。世界最高とも言われる左サイドバックを招集しなかった理由はどこにあったのか?

■バルセロナで好調なシーズンを過ごす

Lionel Messi Luis Suarez Jordi Alba Barcelona Huesca LaLiga 02092018

ジョルディ・アルバは7年もの長い間スペイン代表における左サイドバックのレギュラーであり続けてきた。今回の代表落選には何か個人的な問題が関わっている可能性がありそうだ。

バルセロナの指揮官エルネスト・バルベルデは2日のウエスカ戦前のインタビューにてアルバの代表落選についてこのように語っていた。

「自分を見失わずに他の選手と同じように試合に集中するべきだ」

そのウエスカ戦では8-2と、やや荒れた展開となった。しかし、アルバはいつも通り冷静にプレーし、変わらない存在感を放っている。左サイドバックでプレーし、1ゴールを挙げ、さらにルイス・スアレスの今季初得点とホルヘ・プリードのオウンゴールを誘発するクロスを送るなど計3ゴールに絡んだ。

この試合でも左サイドの脅威であったことに変わりはない。昨夏、パリ・サンジェルマンに移籍してしまったネイマールがかつて支配していた左サイドで自分のポジションを確立している。

ネイマールが移籍した際にアルバは「偉大な選手が移籍してしまって悲しい」と語っていたが、同時に「サイドで攻撃に絡む機会が増えた。正直に言うと、こちらの方が僕にとっては合っているかもね」とも話していた。

実績を見ても、十分な成績を残している。昨シーズンのアルバは9アシストを記録しているが、これはディフェンダーとしてはトップの数字である。

それに加えて、2ゴールをマークしており、合計11ゴールに絡んでいた。この事実から、アルバの重要性が高まっていることがうかがえる。これまでのアルバのキャリアにおいて最高のアシスト数は7であり、昨シーズンは過去最高のシーズンだったのだ。

さらに昨シーズンの2ゴールという成績は、昨シーズン以前の3シーズンで挙げたゴール数と同じである。

■エンリケ退任がアルバを後押し

Jordi Alba Luis Enrique Barcelona

この昨シーズンにおける過去最高の活躍はネイマールが移籍してしまったからではない。これにはエンリケがバルセロナの監督から退任したことが大きく関わっている。

実際、エンリケが監督であった2016-17シーズンは3-4-3のフォーメーションを試したこともあり、スタメン落ちを度々経験している。バルベルデが監督に就任した際に、アルバは「エンリケが監督の時は調子が良いのにも関わらず、満足な時間プレーすることができなかった。今シーズンもどうなるかは分からないが、状況が良くなることを期待している」と告白している。

バルベルデが監督になってからは、メッシのダニ・アウベスに代わるパートナーとしてアルバを大いに生かしている。

全大会を通じてアルバはメッシの8ゴールをおぜん立てしている。時にはメッシもアルバにお返しをすることもあった。その中で最も印象的かつ重要だったゴールはメスタージャでのバレンシア戦の終了間際で、アルバがメッシのパスから決めた劇的な同点ゴールである。

このゴールによりバルセロナはリーガ・エスパニョーラでの無敗記録を守ることができた。試合終了後、バルベルデはこのコンビをチームの“生命保険”と表現した。

「アルバはスペースを見つけるのがうまい選手であり、メッシはボールを持ちながらもスペースに入った選手を見つけることができる並外れた周辺視野を持っている選手である」

「彼らのコンビネーションを生かすことができるのがバルセロナの強みのうちの一つである」とも語っている。

■理由不明の代表招集外

Jordi Alba Spain Russia World Cup

アルバの速さ、ポジションの正確性、そしてディフェンスにおける粘り強さはスペイン代表にとっても大きな強みである。

7年前に初招集されてから常に左サイドバックの不動のレギュラーであった。2大会連続で優勝したEURO2012の決勝イタリア戦でもスタメンで出場している。

だからこそ今回のアルバの代表落選は本人とっては特にショッキングな出来事であった。アルバ自身、素直な思いを語り、理由がわからないでいるようだ。

「もちろん、今回の代表落選には驚いた。望んだことではないし、なぜこうなったかもわからない。自分でも自分の状態が良いのか悪いのかは分かる。代表に呼ばれて試合がしたかったけれども、監督の判断は尊重しなければならない。マルコス・アロンソとホセ・ルイス・ガヤが代わりに呼ばれた。彼らは非常に良い選手たちだ。代表に呼ばれるかどうかは自分では分からない。監督が決めることだ。私はプロフェッショナルなレベルで誰とも問題は抱えていない」

しかしながら、エンリケとアルバが一定の問題を抱えているのではないかという疑念がある。エンリケは66キャップもの実績を持つアルバに落選理由すら伝えておらず、試合前の会見においてはこの件についてコメントすることを拒んでいたのだ。

「この場にいない人についてのコメントはできません」

しかし、バルセロナでいまだトップレベルでプレーするアルバをこのまま代表に呼ばないのであれば、否が応でも批判の声が高まってくるであろう。

おそらくその時にエンリケがなぜ世界最高の左サイドバックを代表から外したのか分かることになるはずだ。

文=マーク・ドイル/Mark Doyle

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
CLに心躍らせた長友佑都「サッカー選手にとって夢の舞台。本当に幸せ」
次の記事:
アンケートにご協力を!『New Balance』に関してあなたの意見は?
次の記事:
CLで先発のゲッツェ、途中交代に不満「最高のプレーではなかったけど…」
次の記事:
「火星人が相手でも大丈夫」トッティ氏、レアル・マドリーと対戦のローマに太鼓判
次の記事:
【CLグループH展望】ビッグクラブ敗退の波乱も十分。本命ユヴェントス、対抗マンチェスター・ユナイテッド
閉じる