D・コスタ、アトレティコ復帰が「6カ月プレーしないことを意味するわけではない」…中国移籍は否定

シェア閉じる コメント
シーズン前半を他クラブで過ごせば問題なし。

チェルシーFWディエゴ・コスタが、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーに移籍することに問題はないことを強調している。

今夏にチェルシーを離れる可能性が高まっているD・コスタ。その移籍先には古巣アトレティコ・マドリーが挙がっているが、同クラブはFIFAから選手登録禁止処分を科されており、もし今夏に加わっても次の冬の市場まではプレーすることができない。

しかしD・コスタは、レンタルによって来季前半戦を他クラブで過ごせば問題はないとしている。10日のワールドカップ欧州予選マケドニア戦後、次のように語った。

「チェルシーとはあと2年契約を結んでいる。もし彼らが僕の売却するならば、最善の決断を下したい。アトレティコに移籍するとしても、プレーできないというわけじゃないさ。スペイン、イタリア、ブラジルと、6カ月間をほかのチームで過ごせばいい」

広告

D・コスタは一方で、中国移籍の可能性については否定している。

「中国は否定させてもらう。次のワールドカップのことを考えなくてはならないからね。良いプレーを見せ続ければ、ワールドカップを戦える可能性は高い。中国には行けないよ」

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バイエルン、エースのバックアッパーを20億円で獲得へ…下部組織出身のドイツ代表
次の記事:
J2降格の大宮、38歳FW播戸竜二と契約更新せず「必要としてくれるチームと地域のために戦う」
次の記事:
広島、今季J2で23得点のFW渡大生が完全移籍で加入「できることを日々100パーセントやりきる」
次の記事:
ダービーフル出場も…マルセイユDF酒井宏樹は低評価「無害であることが露呈」
次の記事:
インテル初黒星も長友佑都に朗報?ライバルが最低点の評価「壊滅的」と辛辣な意見も
閉じる