CL負傷交代のポグバは全治6週間の見通し…10月のリヴァプール戦も欠場の可能性

シェア閉じる コメント
CLのバーゼル戦で主将を担当したものの、19分に負傷交代していたポグバ。現地メディアの報道によると、復帰は10月となっているようだ。

マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバは、チャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節のバーゼル戦で19分で負傷退場を余儀なくされた。フランス代表MFは、最大6週間の離脱となるようだ。

『BBC』を始め、複数のイギリスメディアが報じたところによると、ポグバはハムストリングを負傷しているという。最大で6週間離脱する見通しとのこと。

“赤い悪魔”はこのあとプレミアリーグでの戦いのほか、9月下旬にはチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦が控えているが、いずれも出場は難しいという。10月14日のリヴァプール戦まで間に合うかどうかも微妙となっているようだ。

ジョゼ・モウリーニョ体制が2年目となり、プレミアリーグやチャンピオンズリーグなど複数のコンペティションで覇権を狙うマンチェスター・U。頼れるMFポグバの離脱は、チームにとって大きな痛手となりそうだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
次の記事:
17年在籍のアーセナルを退団したウィルシャー、ウェスト・ハム移籍の理由とは?
次の記事:
トルコメディア、長友の2022年W杯挑戦を報道…被災した地元愛媛へのエールにも関心
次の記事:
香川真司vsマリオ・ゲッツェ…「ドルトムントで最も熾烈なポジション争い」が勃発か
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する