C・ロナウド、CL史上初となる100得点達成も2つのオフサイドで議論の余地が…

シェア閉じる コメント
ロナウドがバイエルン戦でCLの長い歴史に名前を残す偉業を達成。一方で…。

レアル・マドリーに所属するクリスティアーノ・ロナウドが、バイエルン・ミュンヘン戦でハットトリックを達成し、チャンピオンズリーグ(CL)通算100ゴールを達成した。しかし、判定には議論の余地があり、物議を醸すことにもなりそうだ。

レアル・マドリーは18日、CL準々決勝セカンドレグでバイエルンと対戦し、延長戦の末4-2で勝利した。3得点を挙げる活躍でチームをベスト4へと導いたロナウドであるが、延長戦で挙げた2得点にはSNS上を中心に疑問の声が投げかけられている。

104分に決めた貴重な同点弾はセルヒオ・ラモスのパスが出た時点で、ロナウドの身体はバイエルンの最終ラインを完全に越えており、後に誤審と騒がれてもおかしくないものとなっている。バルセロナのDFジェラール・ピケも自身のツイッターで「…」と意味深なツイートを残した。

Cristiano Ronaldo offside

さらにダメ押しとなる109分に生まれた3点目も、マルセロのパスをオフサイドポジションから無人のゴールへと流し込んでいる。

Cristiano Ronaldo offside

ロナウドはCL史上初となる通算100得点を達成したものの、偉業にそぐわない批判を今後浴びる可能性がありそうだ。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
退場処分に不満のネイマール…レフェリーに恨み節「選手よりも目立とうとした」
次の記事:
浦和レッズ、10年ぶりのアジア王者奪還なるか?ACL決勝のキックオフ時間と会場が発表
次の記事:
マルセイユDF酒井宏樹が挙げるPSGのキーマンは?ネイマールやムバッペではなく…
次の記事:
メッシやネイマールの“頭”を羨むカッサーノ「俺に別のがついていたら違ったはず」
次の記事:
2017年ゴールデンボーイ賞が発表!脅威の18歳ムバッペが名誉ある賞を獲得
閉じる