C・ロナウドが前人未到の大記録!欧州5大リーグの歴代最多得点記録を更新

シェア閉じる コメント
C・ロナウドがセルタ戦において2得点の活躍でチームを勝利に導いた。さらに、先制点で大記録を樹立した。

レアル・マドリーに所属するクリスティアーノ・ロナウドがまたもや大記録を樹立した。

レアル・マドリーは17日、リーガエスパニョーラ第21節の延期試合でセルタと対戦し、4ー1で快勝。C・ロナウドは2ゴールを挙げ、チームの勝利に貢献した。

さらに、この試合での先制点が欧州5大リーグでの367得点目となり、チェルシーやトッテナムで活躍したジミー・グリーブスが持っていた記録を塗り替えた。C・ロナウドはマンチェスター・ユナイテッド所属時代にプレミアリーグで84ゴールを決めている。

なお、バルセロナに所属するリオネル・メッシのリーグ戦での得点数は「346」となっている。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
インテル長友佑都、天王山ナポリ戦で高評価も次戦はターンオーバーでベンチスタートか
次の記事:
ブンデス最下位に沈むケルン、GMとの契約解消を発表…大迫勇也や長澤和輝らの獲得を担当
次の記事:
88年目で初のセリエAも今季全敗ベネヴェント、監督解任を発表…後任はデ・ゼルビ氏
次の記事:
シュトゥットガルト指揮官が浅野拓磨の復活を確信「良い一歩を踏み出してくれた」
次の記事:
ミラン前会長が明かす不安「クラブは財政上の問題を抱えている。心配だ」
閉じる