A・サンチェスのパリSG行きが加速…パリ市内でクラブ関係者と接触

シェア閉じる コメント
今夏のアーセナル退団が有力視されていたA・サンチェスだが、どうやらパリSGへの移籍が近づいているようだ。本人、代理人がパリ市内で目撃されている。

アーセナルからの退団が取り沙汰されていたチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、ここに来てパリ・サンジェルマン行きが加速しているようだ。

現地時間21日、A・サンチェスは代理人とともにパリに滞在していたことが『Goal』の取材で判明した。パリ・サンジェルマンのスポーツディレクター、アンテロ・エンリケ氏とパリ市内のロイヤルモンソーホテルで接触していたという。

パリSGはアーセナルに対して、5000万ユーロ(約65億円)の契約解除金を支払う構えにあり、近日中にクラブ間で交渉の場が持たれる見通しにあるようだ。

アーセナルは現在中国遠征を行っているところだが、A・サンチェスはFIFAコンフェデレーションズカップ参加に伴い、休暇をこのタイミングで与えられていた。本人はアーセナルからの退団を熱望していると以前から報じられていたが、移籍先の候補は事実上パリSGに絞られた模様。

A・サンチェスはアーセナル残留なら7月30日からチームに復帰する予定だが、それまでにパリSG行きが決定する可能性も十分に高まっているようだ。

▶リーグ・アンのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
バイエルン、エースのバックアッパーを20億円で獲得へ…下部組織出身のドイツ代表
次の記事:
J2降格の大宮、38歳FW播戸竜二と契約更新せず「必要としてくれるチームと地域のために戦う」
次の記事:
広島、今季J2で23得点のFW渡大生が完全移籍で加入「できることを日々100パーセントやりきる」
次の記事:
ダービーフル出場も…マルセイユDF酒井宏樹は低評価「無害であることが露呈」
次の記事:
インテル初黒星も長友佑都に朗報?ライバルが最低点の評価「壊滅的」と辛辣な意見も
閉じる