9季ぶり決勝T進出のリヴァプール…7発大勝劇でクラブ記録が2つ生まれる

シェア閉じる コメント
ブラジル人コンビが活躍したリヴァプールは9シーズンぶりのベスト16入りを決めた。

リヴァプールは6日、チャンピオンズリーグ(CL)第6節でスパルタク・モスクワに7-0で勝利した。この大勝劇で、レッズにとって嬉しいクラブ記録が2つ生まれている。

本拠地「アンフィールド」にスパルタク・モスクワを迎えたリヴァプール。開始4分でコウチーニョがPKを決めると、その後はゴールラッシュ。コウチーニョがハットトリックを達成するなど7得点を奪い大勝を収めた。

リヴァプールは、グループリーグ全6試合を3勝3分の首位でフィニッシュ。2008-09シーズン以来の決勝トーナメント進出を果たしている。

この試合で3分51秒にコウチーニョが決めた先制点は、CLにおいて「アンフィールド」でのクラブ史上最速得点となった。また、ブラジル代表MFにとってこれが2013年のリヴァプール加入後初のハットトリックとなっている。

また、19分にチーム3点目を奪ったFWロベルト・フィルミーノは、グループリーグでの得点数を「6」に伸ばした。これはグループリーグにおいてクラブ史上初最多得点記録となっている。

6試合で23ゴールを挙げ、堂々の首位突破を果たしたリヴァプール。9シーズンぶりの決勝トーナメント進出に、華を添える記録がいくつも生まれる大勝劇となったようだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
レアル・マドリー、アラベスに4発快勝!2発のC・ロナウドが今季得点数でメッシと並ぶ/リーガ第25節
次の記事:
長谷部誠フル出場のフランクフルト、リーグ7試合ぶり黒星でCL出場圏外転落の可能性/ブンデスリーガ第24節
次の記事:
ドルトムント監督、EL対戦相手のザルツブルクを警戒「オーストリアのチームでなければ…」
次の記事:
岡崎慎司欠場のレスター、攻め続けるも相手GK痛恨のミスで辛くもドロー/プレミア第28節
次の記事:
アトレティコ、カラスコに続きF・トーレスも大連一方へ移籍か…代理人がオファーを聞く
閉じる