2026年W杯の開催地は米国、カナダ、メキシコ!モロッコとの一騎打ち制し初の3カ国共催へ

シェア閉じる コメント
ロシア、カタールの次は北米で。FIFAの総会で初の3カ国共催が決まった。

13日、国際サッカー連盟(FIFA)の総会で2026 FIFAワールドカップの開催地が決定した。FIFA加盟協会の投票により、米国、カナダ、メキシコの3カ国共催案が選ばれ、モロッコの初開催は実現しなかった。

総会では134の協会が3カ国共催案に、モロッコには65が投票。2026年W杯では出場国が48カ国、試合数も80に増えることが考慮され、W杯開催経験者である米国やメキシコを含む3カ国共催が選ばれたと考えられる。

なおFIFAの評価報告書ではインフラや運営面などにおいて合計500点満点で3カ国共催案を402.8点、モロッコ開催案を274.9点と評価。そのため3カ国共催は圧倒的優位とみられていたが、投票は予想通りの結果となった。

2010年は南アフリカ、2014年はブラジル、2018年はロシア、2022年はカタールと各大陸を回り、2026年は1994年アメリカ大会以来北中米でワールドカップが開催される。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
バイエルンCEOがパヴァールの獲得報道を否定…一方でレアル復帰がうわさされるハメスの残留を明言
次の記事:
森岡亮太は今週末の出来次第でアンデルレヒト構想外も? 現地メディアが厳しい現状を考察
次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを辞退「もらう資格がない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する