鹿島MF三竿雄斗、入籍&第一子誕生のダブル発表「守るべき家族ができた」

シェア閉じる コメント
鹿島アントラーズはMF三竿雄斗が入籍し、第一子が誕生したことを発表した。

鹿島アントラーズは13日、MF三竿雄斗が入籍および第一子が誕生したことを発表した。

現在26歳の三竿は昨季、湘南ベルマーレから鹿島に完全移籍で加入し、今季2シーズン目を迎える。なお、クラブは「相手は一般女性のため、氏名や年齢等の公表は控える」としている。

入籍と第一子誕生のダブル報告に三竿は「私事ではありますが、かねてよりお付き合いしていた女性と昨年6月に入籍し、12月に第一子の男の子が誕生しました。守るべき家族ができたので、より一層の責任を持ってチームに貢献できるよう、日々努力していきたいと思います」とコメントを残している。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ペップ、教え子サネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」
次の記事:
トッティ氏、ドイツW杯決勝前夜を回想「眠れずに朝6時までカードゲームで遊んだ」
次の記事:
チェルシーと伊代表DFルガーニが合意…移籍金は65億円か
次の記事:
ポルトが中島翔哉獲得に向けて動く…地元メディア「S・コンセイソン監督の手中に」
次の記事:
日本代表DF遠藤航、ベルギー1部クラブ移籍へ基本合意…関根や冨安と同僚へ
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する