鳥栖、GK権田修一、MF水野晃樹と契約更新「I・TA・DA・KI♪」

シェア閉じる コメント
サガン鳥栖がGK権田修一、MF水野晃樹の契約更新を発表した。

サガン鳥栖は12日、GK権田修一、MF水野晃樹と契約を更新したことを発表した。

権田は昨季、鳥栖に加入するとレギュラーとして活躍。明治安田生命J1リーグで33試合に出場した。さらに、昨年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権を戦う日本代表メンバーに選出された。リーグでの安定した活躍が評価され、2年半ぶりに招集されていた。

水野はリーグ戦で9試合・1得点の成績にとどまったが、JリーグYBCルヴァンカップではグループステージ5試合に出場し、2得点をマークしていた。

契約更新にあたり権田は「日々進化する現代サッカー、そしてサガン鳥栖の進化に乗り遅れないよう日々努力し、クラブの発展の為に全力を尽くします。今年もよろしくお願いします」と意気込みを語った。

一方、水野は「昨年は確実にチームが成長して行く姿を見せられたと思いますが、今年は更に上に行くために絶対条件としてホームはもちろんアウェイでの勝利が必然だと思います」とチームの戦い方について言及。

そのうえで「日々の練習での成果を自信にして、アウェイの地でも勝点を重ねられるように精進して行きます!そして今季もサガン鳥栖でプレーできる喜びを最大限にプレーで還元できるように頑張りますのでその後押しを皆さま宜しくお願いします」とコメント。

「選手としても人としても成長して行きたいと思います!I・TA・DA・KI♪ ITADAKIっ!!」と鳥栖のスローガンである「ITADAKI」を用いて新シーズンへ意気込んでいる。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「アジア史上最高の選手だったヒデは41歳」…誕生日の中田英寿氏に伊から祝福の声
次の記事:
ユーヴェSD、リヴァプールMF獲りを明言もバロテッリ移籍の噂は完全否定
次の記事:
「シティ戦が半年前のよう」クロップ、最下位に敗戦のチームに不満
次の記事:
長友佑都のライバル、侮辱相次ぎSNSを閉鎖…ローマ戦での失点につながるミスで炎上
次の記事:
サンチェス、ユナイテッド加入でPL史上最高給の選手に…現役最高給はどの選手?
閉じる