鳥栖、フィッカデンティ監督の続投を発表…就任3年目「このチームをより高い位置に導く」

シェア閉じる コメント
サガン鳥栖はマッシモ・フィッカデンティ監督が2018シーズンも引き続き指揮を執ることを発表した。

サガン鳥栖は13日、マッシモ・フィッカデンティ監督が2018シーズンも引き続き指揮を執ることを発表した。

イタリア出身、現在50歳のフィッカデンティ監督は、イタリア・セリエAのチェゼーナやカリアリなどで指導にあたり、2014年より2シーズン、FC東京の監督を務めると、2016年からは鳥栖の指揮官に就任。昨季の明治安田生命J1リーグは13勝8分13敗の8位で終了していた。

続投決定にあたりフィッカデンティ監督は「この2年間、常に最大のサポートと強い信頼を与え続けて下さった竹原社長と共に、就任当初から掲げている『鳥栖が頂に』というプロジェクトをさらに先に進めていくために、3年目となる2018シーズンもこのチームをより高い位置に導くという強い決意を持って取り組みます。サガン鳥栖を愛する皆さま、共に戦いましょう!」と新シーズンへ向けて飛躍を誓っている。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ポルトガルの注目はやはりC・ロナウド…モロッコ勝ち点奪取のカギはGK?【グループB第2節プレビュー】
次の記事:
デイヴィッド・ベッカム緊急来日!日本代表サポーター2100人、ルーカス・ポドルスキと共に日本代表を応援
次の記事:
J1最下位の名古屋、柏からDF中谷進之介を完全移籍で獲得!「難しい決断でした」
次の記事:
乾貴士、地元被災地にエール「この勝利で元気になってくれれば…」
次の記事:
酒井宏が語る、コロンビア戦、試合の流れを取り戻したハーフタイムの修正
閉じる