開幕戦で躍動したアレクサンドル・ゴロビンとは何者か?ユーヴェも注目するロシアの新星【W杯特別コラム】

シェア閉じる コメント
ロシア代表としてワールドカップに出場中のCSKAモスクワMFアレクサンドル・ゴロビン。ユヴェントスが関心を示しているこの22歳は何者なのか。『Goal』では特別コラム第10弾としてこの若者に焦点を当てた。

ここ数日の情報によれば、面白い事実が判明している。ユヴェントスがMFアレクサンドル・ゴロビンの獲得を狙っているのである。輝かしい若手スター選手が移籍を承諾していることを確認したのち、所属先であるCSKAモスクワと交渉をスタートさせるだろう。

■ゴロビンのキャリア

Aleksandr Golovin Denis Cheryshev Russia Saudi Arabia World Cup 2018

ゴロビンは1996年5月30日、ロシア・シベリア南部の街、カルタンに生まれた。プロサッカー選手を目指し、メタルルグ・ノヴォクズネツクの下部組織でキャリアをスタート。2014年、CSKAモスクワのスカウト陣の目に留まり、キャリアにおけるビッグチャンスを与えられた。

彼は2014年9月24日に行われたロシア・カップ2回戦のヒミク・ジェルジンスク戦において、トップチームデビューを果たした。そして、翌年3月のにはリーグ戦でのデビューも飾っている。

2015-16シーズン、ゴロビンは成熟期を迎える。トップチームでコンスタントに出場機会を得るようになると、ロシアリーグの制覇に大きく貢献。チャンピオンズリーグにおいても、2015年11月3日のマンチェスター・ユナイテッド戦でデビューを果たし、終盤の15分間にわたってプレーした。

■ロシアの支柱へ

Aleksandr Golovin Russia 2018

彼のような才能の持ち主であれば、代表デビューもかなり早かったであろうと想像できる。2015年5月7日、4-2で勝利した親善試合のベラルーシ戦で、19歳に満たずに代表戦で初出場を果たし、ゴールも記録。

彼を抜擢することを決断した当時のロシア代表指揮官、ファビオ・カペッロは「ゴロビンを18歳でデビューさせたのは、ただの偶然ではない。素晴らしいクオリティが垣間見えたので、高いレベルで彼をテストするために招集を決断した」と振り返る。

さらにカペッロは、ゴロビンの特徴について「ファンタジー、テクニックを持った選手で、フリーキックも上手い」と絶賛。彼の華々しい将来を予想した。

「時が経ち、私が正しかったことが証明された。最近も彼のプレーを見たが、今も期待を裏切っていない」

2016年のユーロに引き続き、ゴロビンは母国ロシアで開催されるワールドカップにおいて、栄えある23名に名を連ねた。もし大会において秀でたパフォーマンスを見せることができれば評価はさらに高まるだろうし、少なくともCSKAはそれを望んでいるだろう。開幕戦のサウジアラビア戦では、1ゴール2アシストと大車輪の活躍。今大会でのブレークが期待される。

Aleksandr Golovin02.jpg

■ユーヴェでの立ち位置、可能性は?

ゴロビンは、中盤において複数のポジションをこなすことができる。インサイドハーフについては、すでにファビオ・カペッロが説明した通りだが、2トップの布陣での2列目、トップ下や、左サイドでプレーした経験もある。実際にサウジアラビア戦では左サイドハーフとしてチームの一翼を担った。

ユヴェントスは、マッシミリアーノ・アッレグリ政権下で4-3-3のインサイドハーフ、すなわちMFミラレム・ピャニッチの脇のポジションが完璧と言える。さらに前のポジションでの起用は、スペースも少なく、競争も激しいため難しいように見える。

ビアンコネーロには、彼の模範となれる数多くのマエストロが所属している。セリエAへの適応は決して簡単ではないだろうが、フランス代表MFはブレーズ・マテュイディやドイツ代表MFサミ・ケディラらから学べることは多いだろう。瞬く間にロシアW杯のブレイク候補に名乗りを挙げたロシアの宝石・ゴロビン。フレッシュな22歳プレーヤーなくして、開催国の躍進はない。

文=ヴィトーリオ・ロトンダーロ/Vittorio Rotondaro

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ムバッペ、W杯優勝など数々の快挙達成も見据えるのはさらに先「もっと良くなるために…」
次の記事:
フランス対クロアチア、スペイン紙の採点は…ユムティティ&ポグバが満点評価!
次の記事:
準優勝クロアチアに惜しみない賛辞…「英雄として母国へ」「顔を上げて大会を去る」
次の記事:
W杯決勝フランス対クロアチアの採点は?英メディア選出MOMは強烈ミドルのポグバ!
次の記事:
カシージャス、フランスの1&2点目に異議…「VARの用途が分からない」
閉じる