長友佑都にスペイン行きの可能性浮上…ベティスが「最初の一歩を踏み出した」

シェア閉じる コメント
インテルで長年過ごす長友がスペインへ行く可能性?

インテルに所属する日本代表DF長友佑都にスペイン行きの可能性が浮上しているようだ。『スカイスポーツ』が報じた。

長友は今シーズン序盤、ルチアーノ・スパレッティ監督の下で出場機会を確保していたが、ダヴィデ・サントンやダウベルト・エンリケにチャンスが与えられ始めた中盤以降は減少。リーグ戦の先発は昨年の11月が最後となっている。

そんな長友には、スペインのベティスが獲得に興味を示しているという。リーガで12位のベティスは、長友獲得に向けてすでに最初の一歩を踏み出したと伝えられ、今後数時間のうちに事態が進展する可能性もあるようだ。

インテルは今冬、慌ただしいマーケットを過ごしており、すでにジョアン・マリオとガビゴルのレンタル放出を決めた。出場機会の確保に苦しむ長友も彼らに続くことになるのか、注目が集まるところだ。

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する