酒井高徳が後半開始わずか3分で交代された理由…HSV指揮官が説明

シェア閉じる コメント
ドルトムント戦で不可解な途中交代をされていた酒井高徳。その真相とは…?

ハンブルガーSV(HSV)に所属する日本代表DF酒井高徳は、ドルトムント戦でやや不可解とも言える交代をされたが、その理由が明らかになっている。

昨シーズンに引き続き、今シーズンも主将に任命されながら、酒井は定位置をつかみ損ねている。ブンデスリーガ開幕から4試合はいずれも先発から外れ、第5節のドルトムント戦でようやく先発出場のチャンスを手にした。しかし、チームは0-3と完敗を喫し、酒井への評価も厳しいものとなっている。

またドイツ紙『ビルト』は、酒井が48分という後半始まって間もない時間に途中交代されたことに注目。ハーフタイム中にドウグラス・サントスがアップしていたため、交代は予想されていたが、なぜ後半開始時に交代されなかったのかと疑問を呈している。

そこには、明確な理由があったようで、HSVを率いるマルクス・ギズドル監督はこのように説明する。

「主審に酒井が次の場面(ファウル)で退場となることを明確に伝えられたのでね。でもサントスが準備を終えていなかったので、酒井がもう一度入らなければならなかった」

酒井は31分に相手FWアンドリー・ヤルモレンコを後ろからファウル。同選手のアキレス腱にタックルし、イエローカードを提示されていた。『ビルト』によれば、一発退場となる可能性も十分あったという。

広告

また、酒井も「監督はハーフタイム後には相手にプレスをかける考えだったので、僕が2枚目の警告を受けて退場となる可能性を懸念していた」と話して、途中交代に理解を示す。

後半開始直後の交代は、監督が酒井のパフォーマンスに不満だったためではなく、数的不利にならないための手段だったようだ。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
G大阪MF倉田秋、インスタグラムを開始…乾貴士もツーショット写真で告知に協力
次の記事:
“興奮の音声”からゴールを予測せよ!叫ばれたのはアンリのどのゴール?
次の記事:
フランス代表に課せられたミッション…「残り8カ月で魅力的なプレーができるのか?」
次の記事:
横浜FC、奥寺康彦SDが第38節の町田戦で暫定監督に…第39節以降の監督は未定
次の記事:
U-17日本代表・森山佳郎監督、ベスト16敗退も「誇りに思う」と選手を称える
閉じる