過熱する移籍報道を気にしないプリシッチ「自分の仕事に集中するだけ」

シェア閉じる コメント
『ESPN』のインタビューに応じたドルトムントのクリスチャン・プリシッチが、ビッグクラブからの関心についてコメントしている。

ドルトムントに所属するアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチが『ESPN』のインタビューに応じている。

マンチェスター・ユナイテッドのファンである19歳のアメリカ代表MFは、ビッグクラブからの興味に喜びつつも、現実的な姿勢を見せている。

「僕は子供の頃からユナイテッドのファンだし、彼らが僕を評価してくれるなんて本当に名誉なことだよ。プレミアリーグは世界最高峰のリーグだし、チャンスがあればもちろんプレーしてみたいね」

プリシッチにはマンチェスター・ユナイテッドだけでなく、バルセロナ、バイエルン、リヴァプールなどのビッグクラブが熱視線を送っている。しかし、19歳のアメリカ代表MFはドルトムントでのプレーに集中している。

「ビッグクラブからの関心はうれしいけど、今はドルトムントと契約を結んでいる。レギュラー争いも激しいし、周囲の状況を気にしてる場合じゃないよ」

所属先のドルトムントは、冬のマーケットでチーム得点王だったピエール=エメリク・オーバメヤンをアーセナルへ放出している。自身もバイエルンへの移籍が取り沙汰されたプリシッチだが、本人もチームも、現在は落ち着きを取り戻しているようだ。

「毎日のように様々なメディアが移籍について報道していたね。僕たちは慌ただしい数カ月を過ごしたけど、それはもう過去のことだ。今は自分の仕事に集中しているよ」

プリシッチは2015年にドルトムントのユースに加入すると、徐々に頭角を現してトップチームに昇格し、現在は左サイドのレギュラーとしてプレーしている。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
JデビューのF・トーレス「来週ゴールを決められるように」…激しい練習で調子を上げる
次の記事:
仙台DF板倉滉、F・トーレスの印象は「顔ちっちゃくてカッコ良かった」
次の記事:
欧州有数の熱狂的スタジアムでプレーしてきたF・トーレス、日本の応援に感動「雰囲気素晴らしい」
次の記事:
“エルドアン写真問題”で批判のエジルが声明を発表…「僕の胸には2つのハートがある」
次の記事:
Jデビューのイニエスタ「残念な結果になった」…次戦でのより良いプレーを確信とも
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する