逆転負けのレアル・マドリー、27年ぶりにリーガ初対戦チームに敗れる…バルセロナとの差は8に

シェア閉じる コメント
レアル・マドリーが、リーガ・エスパニョーラで初対戦のチームに敗れるのは、27年ぶりのこと。

レアル・マドリーは、29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節で、ジローナに1-2と敗れた。リーグ戦で初対戦チームに負けるのは、27年ぶりとなっている。

警備上の観点から開催の危険も危ぶまれた一戦だったが、無事キックオフとなったこの試合。4-2-3-1で臨んだレアルは、12分にMFイスコのゴールで先制する。しかし、後半開始から15分で2点を返され、そのまま追いつくことはできず。逆転負けを喫している。

今季1部に昇格してきたジローナと、リーガ・エスパニョーラで初の顔合わせとなったレアル。リーグ戦で“白い巨人”が初対戦のチームに敗れるのは、1990年以来27年ぶりとなった。

この敗戦で、レアルが更新し続けていたリーガでのアウェー連勝記録は、13でストップ。首位バルセロナとの勝ち点差は8に広がっている。

次の記事:
レヴァンドフスキ、やはりレアル・マドリー行きを望む?代理人2人を解雇との報道
次の記事:
常に先を見据える北川航也…Jリーグでの活躍が日の丸のシャツへとつながる【J1注目選手:清水エスパルス】
次の記事:
F・トーレスの残留に「ノー」を唱えたシメオネだが...「人を欺くような質問受けた」
次の記事:
“危機感”を“向上心”に…前田悠佑が33歳にして初のJ1挑戦【J1注目選手:V・ファーレン長崎】
次の記事:
恩師と再会果たした倉田秋…4年ぶりのJリーグ制覇へ共闘誓う【J1注目選手:ガンバ大阪】
閉じる