逆転負けのレアル・マドリー、27年ぶりにリーガ初対戦チームに敗れる…バルセロナとの差は8に

シェア閉じる コメント
レアル・マドリーが、リーガ・エスパニョーラで初対戦のチームに敗れるのは、27年ぶりのこと。

レアル・マドリーは、29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節で、ジローナに1-2と敗れた。リーグ戦で初対戦チームに負けるのは、27年ぶりとなっている。

警備上の観点から開催の危険も危ぶまれた一戦だったが、無事キックオフとなったこの試合。4-2-3-1で臨んだレアルは、12分にMFイスコのゴールで先制する。しかし、後半開始から15分で2点を返され、そのまま追いつくことはできず。逆転負けを喫している。

今季1部に昇格してきたジローナと、リーガ・エスパニョーラで初の顔合わせとなったレアル。リーグ戦で“白い巨人”が初対戦のチームに敗れるのは、1990年以来27年ぶりとなった。

この敗戦で、レアルが更新し続けていたリーガでのアウェー連勝記録は、13でストップ。首位バルセロナとの勝ち点差は8に広がっている。

次の記事:
人類最速のウサイン・ボルト氏、豪クラブへのトライアル参加は未定に…
次の記事:
アリソンの退団決定的もローマFWは強気の姿勢…主力が続々退団も立ち直ってきた過去
次の記事:
森岡亮太の移籍をアンデルレヒトが容認か…複数の現地メディアが放出の可能性を報道
次の記事:
14戦勝利なしでも“流儀”は変えない風間監督「我々の姿が戻ってきた確信ある」
次の記事:
アーセナル、さらなる補強のために数名を放出か…ウェルベックやモンレアル、GK勢が売却候補に
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する