苦戦しながらもビルバオに勝利したバルセロナ、指揮官は「勝つために苦しむのはサン・マメスの掟」

シェア閉じる コメント
メッシ、パウリーニョ弾で2−0勝利

28日のリーガ第10節、バルセロナは敵地サン・マメスでのアスレティック・ビルバオ戦を2-0で制した。アスレティックの攻守にわたる奮闘に苦戦しながらの勝利だったが、同クラブを古巣とするエルネスト・バルベルデ監督はそれこそが「サン・マメスの掟」と説いている。

バルベルデ監督は試合後、『バルサTV』とのインタビューで次のようにコメントした。

「ここで勝つためには苦しまなければならない。それがサン・マメスの掟というものだ。私が迎える側だったときも、相手チームを最後まで苦しめていたのだから」

広告

「前半は私たちの方が良かったが、彼らもときに主導権を握った。後半は彼らに圧迫され、確実なボールを前に出せなかったね。快適な試合ではなく、必死に働く必要があった」

選手、監督として在籍した古巣との対戦は、やはり奇妙なものだったようだ。

「考えていたよりも不思議なものだった。今日は何かが異なっていたんだ。ここのファンが私と対戦するチームを後押ししているのは、やはり辛いものがあるね」

次の記事:
人類最速のウサイン・ボルト氏、豪クラブへのトライアル参加は未定に…
次の記事:
アリソンの退団決定的もローマFWは強気の姿勢…主力が続々退団も立ち直ってきた過去
次の記事:
森岡亮太の移籍をアンデルレヒトが容認か…複数の現地メディアが放出の可能性を報道
次の記事:
14戦勝利なしでも“流儀”は変えない風間監督「我々の姿が戻ってきた確信ある」
次の記事:
アーセナル、さらなる補強のために数名を放出か…ウェルベックやモンレアル、GK勢が売却候補に
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する