「美しいFKだ!」「完璧」英解説陣がイングランドの直接FK先制弾に興奮

シェア閉じる コメント

ロシア・ワールドカップ準決勝のクロアチア対イングランドが行われている。

史上初となるW杯決勝進出を狙うクロアチアと、母国開催で優勝した1966年大会以来のファイナルを目指すイングランドが相まみえた。試合は5分、ペナルティアーク手前からキーラン・トリッピアーが直接FKを沈め、イングランドがファーストチャンスをモノにして先制した。

この得点に、『BBC』解説者の元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏は「美しい」と感嘆の声をあげ、「素晴らしい技術。完璧だ。素晴らしいスタートを切った」と絶賛した。

また、元イングランド代表FWクリス・ワドル氏も「なんてフリーキックだ。試合が落ち着く間もなく、トリッピアーが決めた。なんて素晴らしい立ち上がりだろうか」と、トッテナム所属のウイングバックを称賛した。

なお、イングランドはこのゴールにより、今大会におけるセットプレーのゴールが「9」となった。この数字は、W杯の一大会においては1966年以降で最多の数字となっている。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
7月の最終金曜日は味スタへ!FC東京vs長崎戦の観戦チケットをペア5組様にプレゼント!
次の記事:
アイスランド指揮官が辞任…EURO躍進、W杯初出場の快挙
次の記事:
「フランスはフットボールをしなかった」「僕らの方が良かったから失望」クロアチア代表DFロヴレンが嘆く
次の記事:
槙野智章が伊誌のW杯髪形イケメンベスト5に選出「エレガントな東洋のDF」
次の記事:
カンテ交代の本当の理由か…病気を抱えて出場していたと仏紙
閉じる