米サッカークラブが大麻販売店とスポンサー契約…アメリカプロスポーツ史上初

シェア閉じる コメント
大麻が合法化されたラスベガスで、アメリカ史上初となるスポンサー契約が結ばれた。

ラスベガス・ライツは13日、アメリカプロスポーツ史上初となる大麻販売店とスポンサー契約を結んだことを発表した。

アメリカの2部リーグUSLプロフェッショナルリーグに属し、ラスベガスを本拠地に置くラスベガス・ライツは、13日に世界最大級の大麻販売店である『ヌウ・カンナビス・マーケットプレイス』とスポンサー契約を結んだ。なお、ラスベガスのあるネバダ州では、2016年11月に行われた住民投票により嗜好用大麻が解禁されている。

ラスベガス・ライツは、早速クラブのマスコットキャラクターがヌウの販売所を訪ねるプロモーションビデオを配信している。

普段は野球場として使用される「キャッシュマン・フィールド」を本拠地として使用するクラブのオーナーは、アメリカプロスポーツ史上初となった大麻販売店との契約の正当性を主張した。

「我々はラスベガスを愛しており、ダウンタウンを愛している。地元を恥ずかしがることなどない。誇りを持って受け入れる。ヌウは、ダウンタウンに多くの投資を行っているんだ。これは伝統的なスポーツスポンサーシップであり、それらはしっかり規制されている産業だ」

次の記事:
仙台DF板倉滉、F・トーレスの印象は「顔ちっちゃくてカッコ良かった」
次の記事:
欧州有数の熱狂的スタジアムでプレーしてきたF・トーレス、日本の応援に感動「雰囲気素晴らしい」
次の記事:
“エルドアン写真問題”で批判のエジルが声明を発表…「僕の胸には2つのハートがある」
次の記事:
Jデビューのイニエスタ「残念な結果になった」…次戦でのより良いプレーを確信とも
次の記事:
ついに神戸デビュー果たしたイニエスタ…スペインメディア「世界中が注目した」「パスが通らなかった」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する