神戸、情報漏えい問題の調査が終了…DF高橋峻希に1カ月の謹慎処分

コメント
神戸は12日、浦和戦で出場予定メンバーを漏えいした問題の調査が終了したことを発表した。

ヴィッセル神戸は12日、DF高橋峻希に1カ月の謹慎処分を科すことを発表した。

高橋は、9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節・浦和レッズ戦の試合前に、出場予定メンバー情報を知人に漏えいしたとして自宅謹慎処分が下っていた。

その後、外部弁護士による調査を実施した結果、「高橋選手の知人から、LINEを経由して、イニエスタ選手の出場の有無につき問われたところ、高橋選手は、これに対して同日14時16分頃に『出ないよ!』とイニエスタ選手が出場しない旨、同じくLINEを経由して返答していた事実が認められました」と報告。

そのうえで「当該情報を漏えいすることにより何らかの利益を享受する、又は対戦相手を利する等の不正な意図があったものとは認められませんでした。この度の情報漏洩はJ1リーグ第27節を対象とするtotoの販売期間終了後に発生したものですが、ヴィッセル神戸として今回の事態を大変重く受け止めています」と記した。

高橋の処分については、日本サッカー協会選手契約書第3条〔禁止事項〕の、(1)「クラブ、協会およびリーグ等の内部事情の部外者への開示」、(2)「試合、トレーニングに関する事項(試合の戦略・戦術・選手の起用・トレーニングの内容等)の部外者への開示」、(7)「試合の結果に影響を与える不正行為への関与」、および(8)「その他クラブにとって不利益となる行為」、に抵触する違反行為に該当すると判断し、9月24日から10月23日までの1カ月間を謹慎としている。

最後にクラブは、再発防止に向けて以下のように綴っている。

「ヴィッセル神戸はこの度の情報漏洩を受け、情報管理体制を一層強化して、再発防止の徹底に努めてまいります。再発防止策として、クラブハウスにおける情報管理ルールの掲示、強化部から所属選手に対するチーム情報の取扱い及びSNSの利用に関する指導、外部講師を招いてのSNS運用に関する勉強会の実施を行ってまいります」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
グアルディオラ、アンチェロッティから盗みたいものは「髪の毛」
次の記事:
埼玉スタジアム帰還で成長を見せたい遠藤航、ウルグアイ戦に向けた理想のイメージは?
次の記事:
モドリッチ「ジダンと一緒にプレーしてみたかった。僕たちは同じアイデアを共有している」
次の記事:
キャプテンの話題について本音を吐露する吉田麻也「正直、しんどいなと思っていた」
次の記事:
ウルグアイ代表・タバレス監督「私たちと日本代表は同じような状況にあると思う」
閉じる