「神の領域に達した」「彼がいれば不可能な夢など存在しない」...決戦でハットのメッシに称賛の声

シェア閉じる コメント
アルゼンチンメディアがバルセロナFWを絶賛

アルゼンチンは10日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選最終戦でエクアドルを3-1と下して、本大会出場を決めた。

主役となったのは、ハットトリックを達成したバルセロナの同代表FWリオネル・メッシだ。アルゼンチンメディアは決戦で3発を叩き込んだエースを絶賛している。

アルゼンチン『オレ』は「神の領域に達した」とメッシを称賛している。「3000メートルの高さにある敵地キトで、全能者メッシが我々をロシアへと導いた。不安に駆られた序盤戦を経て、メッシは教壇に立ち、ディ・マリア、エンソ・ペレスを携えて3度ゴラッソを沈めた」と記した。

『クラリン』は「メッシのフットボール、メッシの叙事詩がワールドカップへのストレートインを可能にした」と記載。『ラ・カセタ』は「メッシがいれば、不可能な夢など存在しない」、『パヒナ12』はメッシとメシアを掛けて「EL MESSIAS(救世主)」と題打ってバルセロナFWに賛辞を送っている。

次の記事:
「このままじゃ残留争い」武藤嘉紀が募らせた危機感と厳しすぎるマインツの状況とは?
次の記事:
ハダースフィールド指揮官、マンチェスター・U戦の勝利に「キャリアで最も誇れる瞬間」
次の記事:
鹿島DF昌子源、味方のミスから失点も「誰かのせいにすることは無意味」…サポーターとの結束を訴える
次の記事:
本田圭佑が先発出場でポスト直撃FK…パチューカは4試合ぶりの勝利/リーガMX第14節
次の記事:
モウリーニョ「選手は会見で低調だった理由を説明すべき」...今季初黒星に不満爆発
閉じる