「申し訳なく思っている」エデルソンへのキックで一発退場のマネがSNSで謝罪

シェア閉じる コメント
マンチェスター・Cvsリヴァプールの一戦は、37分にマネがGKエデルソンに危険なプレーをしたとして一発退場処分となった。エデルソンが負傷したことにマネが試合後SNSで謝罪のメッセージを発している。

現地時間9日に行われたマンチェスター・シティvsリヴァプールは、5-0でマンチェスター・Cが勝利を収めた。

この試合では1-0で迎えた37分、自陣からのフィードで裏に抜け出したセネガル代表のサディオ・マネが、ペナルティーエリア外に飛び出してきたGKエデルソンと激突。

マネは競る際に足を上げたため、その足がエデルソンの顔に入ってしまった。エデルソンは10分近い治療の末ストレッチャーで運ばれ、負傷退場を余儀なくされてしまう。その一方で、マネは危険なプレーをしたとして、退場処分が下された。また前半からアディショナルタイムが8分も設けられるという事態に。

試合後、マネは自身の『Facebook』を通してエデルソンに対して「あの衝突は決して意図的なものでなかった。彼が負傷してしまったこと、負傷に伴い途中退場を余儀なくさせてしまったことを申し訳なく思っている。早く良くなって、ピッチに戻ってきてほしい」と綴り、エデルソンに対して謝罪と励ましのメッセージを明かしている。

試合はマネの退場によりリヴァプールが数的不利の状況に陥り、その後は4失点を喫するなど、プレミアリーグ優勝候補と目される両チームの戦いは、一方的な展開になってしまった。

次の記事:
『君の瞳に恋してる』チャント歌われたF・トーレス、スペインメディア「日本は彼の応援方法を知っている」
次の記事:
JデビューのF・トーレス「来週ゴールを決められるように」…激しい練習で調子を上げる
次の記事:
仙台DF板倉滉、F・トーレスの印象は「顔ちっちゃくてカッコ良かった」
次の記事:
欧州有数の熱狂的スタジアムでプレーしてきたF・トーレス、日本の応援に感動「雰囲気素晴らしい」
次の記事:
“エルドアン写真問題”で批判のエジルが声明を発表…「僕の胸には2つのハートがある」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する