現役引退のカカー、ミランフロント入りは当面なし…スペイン会社で代理人に転身か

シェア閉じる コメント
カカーがインスタグラムで新たな冒険を始めることを報告している。

元ブラジル代表のカカーが8日、インスタグラムを更新し、スポーツマネージメント会社に所属することを発表した。

カカーは2003年から2009年にかけてミランに在籍し、チャンピオンズリーグ制覇など、“ロッソネーリ”黄金期を支えた。2007年にはFIFA最優秀選手賞およびバロンドールを受賞し、2009年にミランからレアル・マドリーに移籍。FWクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマらとともに、フロレンティーノ・ペレス会長が新たに構成した「銀河系軍団」の一員としてスペインに渡った。度重なる負傷から真価を発揮できなかったが、ミランへの復帰を経て2015年にMLSオーランド・シティに加入すると、主将として活躍。12月に契約を終え、現役引退を発表した。

古巣であるミランとは親密な関係を保っており、11月にはカーザ・ミランを訪問し幹部と面会。引退後のフロント入りがうわさされていた。以前、ブラジルメディア『Globo Esporte』のインタビューでもサッカー界に残り、クラブ幹部を目指すことを明かしていたものの、レジェンドのミラン復帰は当分なさそうだ。

カカーはインスタグラムにおいて、「両者が勝利できる協力関係こそ成功につながる。2018年、新たな挑戦、そして新たなプロジェクトをスタートする」と綴り、マドリー及び上海に拠点を置くスポーツマネージメント会社『ベスト・オブ・ユー・スポーツ』との提携を発表した。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』は、カカーが当面、代理人としてのキャリアを積むことになるのではないかと伝えている。

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する