浦和FWファブリシオが左膝前十字靭帯、内側半月板損傷で全治7カ月…貴重な得点源が今季絶望的に

コメント
浦和レッズがFWファブリシオの負傷状況を発表した。

浦和レッズは14日、FWファブリシオの負傷状況について発表した。

ファブリシオは1日に行われた明治安田生命J1リーグ第25節・セレッソ大阪戦で負傷。 前半わずか8分でピッチを後にしていた。9月7日の定例会見でオズワルド・オリヴェイラ監督は「ファブリシオはおそらく今シーズンはプレーできない。穴をどのように埋めていくかを考えなければいけない」と、ケガが重症であることを明かしていた。

今回の発表によると、ファブリシオは左膝前十字靭帯損傷、内側半月板損傷と診断され、13日にポルトガルで手術を実施。その結果、全治まで約7カ月を要する見込みとなり、今季の復帰は絶望的となった。

ファブリシオは今夏にポルトガルのポルティモネンセから完全移籍で加入。昨季ポルトガルリーグ二桁得点の実力を早速発揮し、2シャドーの定位置を確保。リーグ戦では9試合中、ケガで退いた1試合を除く8試合で先発フル出場を記録。第22節・ジュビロ磐田戦のハットトリックを含む6ゴールをマークしていた。

貴重な得点源であったブラジル出身FWの離脱は、再浮上を目指す浦和にとって大きな痛手となりそうだ。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
バイエルン監督コバチが重要視すること。どのように変え、何を継続するのか/独占インタビュー
次の記事:
鳥栖のF・トーレス、残留争い直接対決で痛恨ドロ―も「引き分けで良かった」
次の記事:
フローニンゲン堂安律にドイツの名門が関心を示す「視線の先に日本人選手がいる」
次の記事:
金崎夢生、窮地救う同点弾もドローに「納得できない。話したくない」
次の記事:
横浜FM、磐田撃破で残留へ大きく前進!山中亮輔がロングシュートで決勝点/J1第27節
閉じる