浦和レッズMF柏木陽介、ACL4強入りも浮かれず…リーグ戦も「諦めていない」と挽回誓う

シェア閉じる コメント
AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦が行われ、浦和レッズが川崎フロンターレを4-1で下した。試合後、浦和のMF柏木陽介がゲームを振り返った。

13日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦が行われ、浦和レッズが川崎フロンターレに4-1で快勝。逆転で準決勝進出を決めた。試合後、浦和のMF柏木陽介がゲームを振り返った。

4得点を奪い、2試合合計5-4として、川崎Fを破った浦和。柏木は「川崎Fは普段もっとプレッシャーを掛けてくるようなチームだけど、多分余裕もあったと思う。ちょっと可哀想な退場だったけど、全てを含めて神様が俺らの前向きな頑張りを見ててくれたのかなって。あと、平日の中でサポーターがたくさんいてくれたというのが、後押しになったと思う」と激闘を振り返った。

3点目が入った時に「いけるなというか、『ここで取りに行こう』という気持ちが、みんな見えていた」と逆転への希望が見えていたと話す柏木。「延長まで行かさず、終わらせるという気持ちがあったから。ただそこでもリスクマネジメントがある程度出来ていたのは、すごく良かったと思う」と、前のめりになりすぎず、リスク管理も怠らなかった。

後半の浦和は圧倒的にボールを支配。70分に決まったズラタンのゴールで一気にスイッチが入った。「気持ちが乗っている分、ゴールに吸い込まれたんじゃないかって。今まではね、勝てないときは全部逆に決められていたから」

さらに柏木は「まだリーグも諦めているわけじゃない」と口に。この大逆転勝利をキッカケにリーグ戦での挽回を誓った。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
アトレティコ、D・コスタ獲得を決定的に!移籍金71億円提示で決着か
次の記事:
C・ロナウドがリーガに復帰も…早すぎるバルサにタイトルを明け渡す危険性
次の記事:
【原博実の超現場日記/第8回】ポポヴィッチさんと町田へ…雨中で試合観戦のサポーターに感謝
次の記事:
バイエルンでついに発揮されたハメスの真価…集めた称賛と見えた課題
次の記事:
「ナカムラのFKは強烈だった」セルティックMFマクレガーが憧れの存在に言及
閉じる