浦和レッズDF森脇良太、高木の決勝点をお膳立て「これ以上ない愛を込めた」

シェア閉じる コメント
AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦が行われ、浦和レッズが川崎フロンターレを4-1で下して準決勝進出を決めた。高木俊幸の決勝点をお膳立てしたDF森脇良太が試合を振り返った。

13日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦が行われ、浦和レッズが川崎フロンターレを4-1で下して逆転で準決勝進出を決めた。試合後、浦和のDF森脇良太がゲームを振り返った。

ホーム・埼スタで奇跡の大逆転劇を見せた浦和。この試合で決勝点となった高木俊幸のゴールをアシストしたのは森脇だった。

「高木選手にはこれ以上ない愛を込めて、優しいボールを送ったつもりですけど。彼自身、シュートかセンタリングかよく分からないシュートを決めてましたね(笑)」

高木のゴールをお膳立てする形となったが、森脇自身もシュートを打とうと考えていたようだ。

「最初、ボールを受けた時に僕自身フリーだったのでシュートを打とうと、『来た!』というふうに思いましたけど、いつもシュートを打って外した時にチームメイトが、『打つな!モリ!』と、『パス出してくれ!』と聞こえたので」と、瞬時の判断でパスに切り替えたと説明。結果的には「僕のパスに対して、しっかりトシが反応してくれて。非常にファンタスティックなゴールだったんじゃないかなと思いました」と高木のゴールをファンタスティックと称賛した。

先制点を許したことで「より攻撃的に出て行かなくちゃいけないというところは感じていたので」と話す森脇は、2点目取ったときに「間違いなくこっちに分があるな」と確信。「あのズラタンのゴールでより多くのパワーを僕らは受け取ったんじゃないかな」と2ゴール目の重要性を口にした。

4点目が決まり、2試合のトータルスコアで逆転した瞬間は「なんか時間が止まった感じだった」と振り返った森脇。奇跡の大逆転劇を演出した浦和のムードメーカーも「チームが勝ったというのが非常に嬉しいです」と純粋にベスト4入りを喜んだ。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
モンテッラ、ホームでミランサポーターからブーイング浴び「困難な時期こそ支えて」
次の記事:
ジルー、バイシクルでの決勝点は「味方に預けようとしたんだけど…」
次の記事:
クーマン「いつクビになってもおかしくない」ELいまだ未勝利で指揮官が不安を吐露
次の記事:
アザール「マンチェスター勢は昨季よりも強い」…ライバルの成長を認めるも「優勝のチャンスはある」
次の記事:
マルセイユ対パリ・サンジェルマンの試合日程・放送予定/リーグ・アン第10節
閉じる