浦和レッズの堀孝史監督「ゲームの入りが非常に良くなかった」…ビルドアップに課題

シェア閉じる コメント
ガンバ大阪戦に1-4で敗れた浦和レッズの堀孝史監督が試合を振り返った。

JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第2節、ガンバ大阪戦に1-4で敗れた浦和レッズの堀孝史監督は、「ゲームの入りが非常に良くなかった」と試合を振り返った。

浦和は、10分に先制点を奪われたが、試合開始からG大阪に攻め込まれるシーンが続いていた。どのように修正すべきだったか?記者からの問いに「それほど相手がプレッシャーを掛けてきたとは思っていないのですけど」と答え、以下のように続けた。

「ビルドアップの部分が少しうまく行かなかった。そこからリズムを崩してしまった。まず“作り”の部分を、攻撃の始まりの部分を、自信を持ってやれるように、修正することが必要だったと思います」

浦和の次戦は18日、ホームで開催される明治安田生命J1リーグ第4節、横浜F・マリノス戦となる。今季、浦和はホームゲームで白星を挙げられていないが、堀孝史監督は「次のリーグ戦、ホームでしっかりと勝利できるように、準備していきたい」と意気込みを語った。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
2018シーズン Jリーグの試合日程・放送予定まとめ
2018シーズンのJリーグをテレビの大画面で楽しむ方法とは?
開幕直前!DAZNでJリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン明治安田生命Jリーグ
徹底解説!Jリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン 明治安田生命Jリーグ
2018シーズンJリーグの大会概要まとめ-賞金やACL出場権、降格・昇格条件など
Jリーグのチケット購入方法とは?2018シーズン Jリーグのチケット情報まとめ

次の記事:
「フランスはフットボールをしなかった」「僕らの方が良かったから失望」クロアチア代表DFロヴレンが嘆く
次の記事:
槙野智章が伊誌のW杯髪形イケメンベスト5に選出「エレガントな東洋のDF」
次の記事:
カンテ交代の本当の理由か…病気を抱えて出場していたと仏紙
次の記事:
C・ロナウド、ユーヴェ愛を語る「レアルを去るならユーヴェだけ。前から好きだった」
次の記事:
プレミアリーグ各クラブの対応は…ロシアW杯ベスト4戦士はいつ復帰するのか?
閉じる