武藤欠場のマインツ、残留圏に浮上!前半終了後にPKで呼び戻される珍シーンも

シェア閉じる コメント
第20節以来に残留圏に浮上した。

ブンデスリーガ第30節が16日に行われ、マインツとフライブルクが対戦した。マインツのFW武藤嘉紀はベンチ外となっている。

16位のマインツと15位のフライブルクと、残留争い直接対決となったこの一戦。先手を取ったのはホームのマインツ。前半終了間際のプレーで、ビデオ判定が行われ、マインツにPKが与えられる。一度は控室に戻っていた選手たちが呼び戻された。クリスティアン・ギュンターのハンドで得たチャンスをパブロ・デ・ブラシスがきっちりと決め、先制に成功する。

後半に入り、フライブルクが反撃を試みるも、ミスから勝敗が決する。フライブルクGKアレクサンダー・シュヴォロウが相手にパスしてしまい、最後は再びデ・ブラシスが無人のゴールに流し込み、2点差に。

試合はそのまま終了し、マインツが7試合ぶりの勝利。勝ち点3を手にし、フライブルクを抜いて第20節以来となる15位に浮上している。

次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
次の記事:
17年在籍のアーセナルを退団したウィルシャー、ウェスト・ハム移籍の理由とは?
次の記事:
トルコメディア、長友の2022年W杯挑戦を報道…被災した地元愛媛へのエールにも関心
次の記事:
香川真司vsマリオ・ゲッツェ…「ドルトムントで最も熾烈なポジション争い」が勃発か
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する