武藤欠場のマインツ、残留圏に浮上!前半終了後にPKで呼び戻される珍シーンも

コメント
第20節以来に残留圏に浮上した。

ブンデスリーガ第30節が16日に行われ、マインツとフライブルクが対戦した。マインツのFW武藤嘉紀はベンチ外となっている。

16位のマインツと15位のフライブルクと、残留争い直接対決となったこの一戦。先手を取ったのはホームのマインツ。前半終了間際のプレーで、ビデオ判定が行われ、マインツにPKが与えられる。一度は控室に戻っていた選手たちが呼び戻された。クリスティアン・ギュンターのハンドで得たチャンスをパブロ・デ・ブラシスがきっちりと決め、先制に成功する。

後半に入り、フライブルクが反撃を試みるも、ミスから勝敗が決する。フライブルクGKアレクサンダー・シュヴォロウが相手にパスしてしまい、最後は再びデ・ブラシスが無人のゴールに流し込み、2点差に。

試合はそのまま終了し、マインツが7試合ぶりの勝利。勝ち点3を手にし、フライブルクを抜いて第20節以来となる15位に浮上している。

次の記事:
EL初戦の勝利を喜ぶものの…サッリが1Gのみに不満「喜べない。試合を終わらせるべきだった」
次の記事:
ベティス、敵地でオリンピアコスとスコアレスドロー…乾貴士は83分から途中出場
次の記事:
無観客試合のマルセイユ、ELで数的優位もフランクフルトに逆転負け…長谷部誠フル出場
次の記事:
R・サンチェスが恩返し弾…キミッヒはベンフィカサポーターの反応に感銘「見たことがない」
次の記事:
新体制のアーセナル、アルゼンチン代表FWをトップターゲットに?最低でも66億円必要か
閉じる