横浜FM一筋・栗原勇蔵が17年目のシーズンへ…“新鋭”吉尾海夏、イッペイ・シノヅカも契約更新

シェア閉じる コメント
横浜F・マリノスは栗原勇蔵ら3選手との契約を更新したことを発表した。

横浜F・マリノスは12日、DF栗原勇蔵、MF吉尾海夏、MFイッペイ・シノヅカと2018シーズンの契約を更新したことを発表した。

現在34歳の栗原は、横浜FMの育成組織で、2002年から16シーズン横浜FMに在籍。昨季のリーグ戦では8試合の出場にとどまったが、17年目となる2018シーズンも引き続きプレーすることが決定した。

19歳の吉尾は昨季、横浜FMユースからトップチームへ昇格。リーグ戦の出場はなかったが、JリーグYBCルヴァンカップでは5試合に出場している。

昨年8月にロシアのスパルタク・モスクワⅡから加入したイッペイ・シノヅカは、9月23日に行われた第27節のヴァンフォーレ甲府戦でデビューし、Jリーグ移籍後初ゴールも奪った。昨季はリーグで6試合に出場し、1得点の成績を残している。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
王者ドイツ撃破も慢心なし!チチャリート「歴史的快挙じゃない。目標はあくまで決勝進出」
次の記事:
厳しい守備に苦しんだネイマール…被ファール数は史上2番目の「10」。チーム全体の約半数に
次の記事:
黒星発進の王者ドイツ…ノイアー&ボアテングは守備面を反省「自分自身に問いかけないと」
次の記事:
勝利だけを見据える本田圭佑、スタメンでもサブでも「結果にコミットできるか」
次の記事:
王者ドイツ撃破のメキシコ、監督は半年前からプラン準備「勝利への愛、敗北への恐怖でプレーした」
閉じる